「日本の、神の国の巫女」

「日本の、神の国の巫女」

2014/03/19 21:12

 

日本人は、万古の昔より神に愛されてきた。

そして、神を信じ、仕えてきたきたのだと思います。

 

ネットサーフィンで見つけた、

神の国の巫女:イメージはこれ! 皆さん、いかが?

 

神の国の巫女のこころは今に続いている。

手をあわせて祈りたい。そんな気分ですーー。

 

 

 

心を清め、からだを清め、厳かに天への通信を執り行う。

五穀の豊作を祈り、御礼を心を込めて天へと伝える。

 

天へ鳥を放つ。真白な羽をひろげて遠く遠く飛んでいった。

この世へお土産(みあんげ)をいただいた、

 

鳥獣魚貝など、大切に大切に、命をいただいたことを、

畏み畏み申す。ありがとうございます。

 

心を込めて、真っすぐに御礼を言える、

そういう心(直霊)を持ち、そういう生活を送りたいとおもう。

 

記:とらのこども

 

 

 

参考) 心とは、天と繋がる一霊「直霊](なおひ)と、4つの魂(みたま

から成り立つという。以下、wiki参照。

 

荒魂には「勇」、和魂には「親」、幸魂には「愛」、奇魂には「智」と

いうそれぞれの魂の機能があり、それらを、直霊(なおひ)がコン

トロールしている。簡単に言えば、勇は、前に進む力、親は、人と

親しく交わる力、愛は、人を愛し育てる力、智は、物事を観察し分

析し、悟る力である。

 

これら4つの働きを、直霊がフィードバックし、良心のような働きを

する。例えば、智の働きが行き過ぎると「あまり分析や評価ばか

りしていると、人に嫌われるよ」という具合に反省を促す。つまり、

この直霊は、「省みる」という機能を持っている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E9%9C%8A%E5%9B%9B%E9%AD%82


[PR]

by toranokodomo | 2014-03-19 21:17  

<< 「ひどいところ」 再掲 「赤と白と黒の世界」 >>