「悲しい気持ち」

仏教で言う慈悲の「悲」とは、サンスクリット語で「カルナー」と言い、
ため息、うめき声のことです。

他人の痛みが自分の痛みのように感じられるのに、その人の痛みを
自分の力でどうしても癒すことができない、代わることができない。

そのことが辛くて、思わず身体の奥底から「ああっ。。。」という
呻き(うめき)を発する。その呻き声が「カルナー」です。

中国人は、それを「悲」と訳したんですね。
遠藤周作さんは、こう言っています。

「病気の人、悩みを持っている人の心の痛みや苦しみは、
それは他人に伝わらない。そして、この痛みは自分だけが感じて
いるんだと思ったとき、二倍も三倍にも大きくなっていくのだ」

孤立した悲しみや苦痛を激励で癒すことはできません。
そういうときにどうすればいいのか。。。

そばに行って、無言でいるだけでいいんじゃないでしょうか。
その人の手に、手のひらを重ねて涙をこぼす。

深いため息も、呻き声も、熱伝導の法則のように、
手の温もりとともに、閉ざされた悲しさや痛みが伝わっていく。

それしかできないし、それだけでいい。

いつかどうしようもなく悲しくなった時、もしそうしてくれる
人がいたならば、僕はしがみついて泣くだろうと思う。

今のこんな世の中だから、そういう宗教の復活に期待している
とらのこどもです。

記:とらのこども(mixiから転載)


  誰かのために泣く。泣き続ける。

  そういう気持ちのちゃんとある世界が、
  美しい世界のような気がするのです。


[PR]

by toranokodomo | 2014-02-16 09:42 | 宗教関係  

<< 宇宙の話し 金をくれ >>