どこかで聞いた話し

言葉というものは、お母さんから話しかけられて、

いっぱい聞いて、しみ込んでしみ込んで、自分のものになる。



そのときの言葉はやさしく、あたたかく聞こえる。

だから、こころにまで響いてくる。



もちろん、おかあさんの愛情たっぷりの言葉だからだ。

酔って帰宅したお父さんの言葉は、泣いて拒絶!?



また、あかちゃんに「現代社会の問題は云々」などという

漢字いっぱいの言葉はしゃべらない。



当然、やまとことばになる。



だから、ポエムも、歌も、演説すらも、

大和言葉こそ心に響き、しみ透る。



「我は海の子~」という唱歌がありますが、あれは全ての歌詞が

大和言葉なんですね。



であればこそ子どもらの心にしみとおる。



わたしが好きなブログのなかに、そんな香りがあるブログがあって、

訪問すると、なんともやさしい、話しかける雰囲気があります。



わたしはそういうブログが大好きです。

皆さんにも教えたいんだけど、ヒ・ミ・ツです!!



ごめんなさい♪



記:とらのこども





  われは海の子(われはうみのこ)



  1 われはうみのこ しらなみの

  さわぐいそべの まつばらに

  けむりたなびく とまやこそ

  わがなつかしき すみかなれ



  2 うまれてしおに ゆあみして

  なみをこもりの うたときき

  せんりよせくる うみのきを

  すいてわらべと なりにけり



  3 たかくはなつく いそのかに

  ふだんのはなの かおりあり

  なぎさのまつに ふくかぜを

  いみじきがくと われはきく




なつかしの童謡:http://www.toshiba.co.jp/care/benri/douyou/2ware.htm


[PR]

by toranokodomo | 2013-10-08 21:29 | 音楽の話し  

<< 寝顔 Snapshot (リサイクル) >>