「維新は、堺へ三顧の礼を取るべし」

維新の推薦候補が堺市長選挙で敗れたことは僥倖だった。


これで、維新は堺市を取ることが至上命題(宿題)となった。


 


大阪、否、関西の発展は、大和川以南をどう取り込むかに


かかっているといって過言ではないと思う。


 


それだけの土地、それだけの人口を、それだけの可能性を


持っている地域は、関西にはほかにはない。


 


埋め立てもまだまだできるし、開発可能な中山間部もあり、


海があり、南に和歌山、関西空港、対岸には淡路もあれば、


四国も控えている。


 


リニアモーターカーを奈良経由にして、リニア大阪新駅こそ


堺に設けるべきだと思う。湾岸の道路網、公共交通を整備、


 


大阪市庁舎も、大阪府庁舎も、国の合同庁舎も、裁判所も


ぜんぶ堺へ移すくらいの覚悟で、堺市を取り込むべきだ。


 


維新は、堺へ三顧の礼を取って欲しい。


 


地元が本当に歓迎する政策を練り直し、次回選挙に問うと


心に刻んで、これからの大阪府、大阪市の市政を進めて


いって欲しいと思う。


 


そうすれば、堺市の皆が、次こそ喜んで維新の市長候補へ


投票するだろうと確信している。


 


維新は、堺を諦めてはいけない。


堺市を取ることこそ、維新の試金石なのだから。


 


記:とらのこども


 


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2013-09-30 22:14 | 指定なし  

<< 小鳥は生まれてヒナとなる 「夏の終わりは、秋の始まり」 >>