あたたかいドキドキをあげる

神様が、一緒にご飯を食べなさいねって言ったから、

家族でおいしく食事をいただくように。。





神様が、生めよ増えよ地に美千代!、違った!地に満ちよと言ったから、

僕は妻と出会い、こどもを作ったように。。





僕たちは、どうやって生きていけばいいのでしょうか?という答えは、

楽しく、陽気に生きなさいと神様は言ったのだ。


(注:ここでいう神様とは、宗教上の神様という意味ではないです。)




 

だから、あたたかいドキドキを誰かにあげることは義務である。





何にドキドキするかは、人それぞれだから、


こどもの喜ぶことを、ようく考えて、、、





彼女や、彼氏の喜ぶことを、ちゃんと考えて、、、





おじいちゃんや、おばあちゃんの喜ぶことを、ちゃんと考えて、、、





山ノ神の喜ぶことを、考える時間をつくるのが大切です。




 




そのとき、あなたは誰かの喜ぶ顔を思い浮かべながら、

一生懸命に考えているはず。





そのとき、あなたは背中に羽が生えている。

天使のような微笑を浮かべている。




考えた結論が、ハグだけだとしても100点満点です。

あたたかいドキドキを誰かにあげましょう。





いつか、なにか、帰ってくることもあるでしょう。





記:とらのこども


[PR]

by toranokodomo | 2013-04-09 22:58 | 家族  

<< 韓国と、竹島と東海の関係 マイブーム: ”昼飲み” >>