「11月23日・勤労感謝の日」

勤労感謝の日は、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年


7月20日法律第178号)第2条によれば、「勤労をたつとび、生産


を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨としている。


 


1948年昭和23年)に公布・施行された同法により制定された。


 


農業国家である日本は、古くから神々に五穀の収穫を祝う風習


があった。また、その年の収穫物は国家としてもそれからの一年


を養う大切な蓄えとなることから、収穫物に感謝する大事な行事


として飛鳥時代皇極天皇の時代に始まった新嘗祭(にいなめさ


い、しんじょうさい)の日が第二次世界大戦後のGHQの占領政策


によって天皇行事・国事行為から切り離される形で改められたも


のが「勤労感謝の日」である。(以上、wikiより)


 


というわけで、収穫を祝い、喜び、神様に感謝する日。そもそもは


それが、勤労感謝の日の大本だと思えば感慨深いものがある。


 


ちなみに、当日の小生は、朝4時起床、5時に自宅を出発して、


会社の倉庫移転の立会いのため、岡山県へ行ってきました。


荷物を入れ終え、システムの確認をし、月曜日・稼働初日への


ミーティングをして、夜8時ころに帰ってきました。


 


よく働いた。風呂へ入って、夕食をいただいて、ビールを一杯。


ぐいっと飲み干して、倒れるように寝ました。


 


やっと休みだー、、、と思いきや、


 


今日は、山の神の休日出勤&早番。みんな、ホント、大変だ。


子どもは部活へ出動中。冬の練習ゆえに、走って走って。。。


 


おかげで、食事は美味い!!風呂は気持ちいい。


また、布団の中にいれば、もう、極楽のようなものだ。


 


神さん、おおきに!!


これからも、あんじょう頼んまっせ!!


 


記:とらのこども


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2012-11-24 13:43 | 指定なし  

<< 第三次「こたつ」大戦争!! ココロに響く恋心 >>