「再掲:夏という季節」

夏という季節へ向けて、


こころをほんの少し、わくわくさせて、


 


夏の服装を、鏡の前で試してみて、


よーし、と気持ちを高めて、


 


秘すれば花なり、


秘せずば花なるべからず。


 


だから、見せないように見せないように


素敵なところは、自分だけのもの。


 


わたしの魅力を見つけてみろ!!と


世の異性に問いかける。


 


ご安心あれ、ちゃあんと見つける人は


あなたの良いところを見ているものです。


 


赤ずきんちゃん、ご用心!!


 


b0314227_2152721.jpg


 


 


雪の夜の情け宿、


油断のならないこの世のなかで、


 


ことに見せてならぬものは、


旅行の時の 肌 付け金、


 


酒に酔った人に 脇指 ( わきざし ) 、


娘のそばに捨て坊主。


 


今の世に、独身おのこの多ければ、


捨て坊主と何が変わろうか。


 


夏の夜の情け宿、


終電過ぎて鳴るは、身を持ち崩しの鐘の音よ。


 


くわばらくわばら。。。


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2014-01-17 01:18 | 写真  

<< 「僕のこころ」 「日本人の持つ雰囲気」 >>