「神様の言葉」

自分にたいする神様の言葉は、


自分のことをちゃあんとわかってくれている知己からやってくる。


 


やさしい言葉をありがたく、励ます言葉をかたじけなく、


厳しい言葉を襟を正して拝聴せねばならないと心から思います。


 


親兄弟の言葉もまた同じやと思うねんけど、


 


神様の言葉のときと、そうでないときがあるから、拒否権無しの


関係だったなら、敬して遠ざかるべし。


 


他人様のなかにあってこそ、人は立つのやと思います。


支え、支えられるのやと思います。


 


親兄弟はとてもありがたい存在ゆえに、甘えてしまうし、慣れが


あって、なかなか関係改善できないきらいがあると思います。


 


離れてこそ、ありがたさが身に染みてわかります。


 


精神的な意味で、親を捨てて、子に依存せず、


それでもお互いに必要な親子でありたいし、兄弟でありたい。


 


大切な存在はそーっとそーっと大切にしましょう。


 


じゃないと、もったいない!!!


 


記:とらのこども


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2013-12-27 00:04 | 指定なし  

<< いよいよ、仕事納め 超簡単! ヨガ・ストレッチのすすめ >>