ブログ友へ 「愛知へのいざない&ご紹介」

愛知県の尾張・三河からは、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康と 

戦国の三大英傑が出たことは、皆さんご存知のとおりです。 



そんな日本の歴史の大きな源流・愛知県の歴史の旅ご紹介です。 

愛知県は、「韓国茶・室長さん」がいらっしゃいます!!


http://plaza.rakuten.co.jp/kankokuajigoyomi/


 


とらのこどももずっと住んでました。(2年前に名古屋から大阪転勤)

とりあえず、地名のご紹介から。。。 



「あいち」の語源は古くて、「あゆち」と言うんだそうです。 

「あゆち」とは、愛の風という意味で、それも幸福の国から 

吹いてくる風を意味するとのこと。 



つまり愛知という地名は「幸福の風を受け止める祝福された地」 

という大変おめでたい名前なんです。 



尾張藩初代藩主の徳川義直(家康の九男)は、自分の居城である 

名古屋城とその城下町を、「蓬左(ほうさ)」と呼びました。 

蓬左というのは、「蓬莱宮の左、すなわち西方」を意味します。 

蓬莱宮というのは、熱田宮のことです。 



ということは、義直も「この国を幸福の風を受けた幸福な国に 

したい」という国づくり精神を持っていたのでしょう。 



日本の四つ辻と言われた尾張名古屋で、「蓬莱思想」があった 

のはそれなりに理由があるのでしょう。 



ちなみに、お隣りの伊勢という地名にも「あゆち」と同じ意味 

があるそうですね。つまり、伊勢というのは「磯」のことで、 



それもただの磯ではなく、常世の国(人間が永遠に生きられる 

幸せの国)から来る波を受け止める岸辺、という意味なんです。 



そうなると、「伊勢の幸福の波」と、「あゆちの幸福の風」は、 

ともに幸福の国からやってくるということになります。 



秦の始皇帝は、部下の徐福に命じて、 

「蓬莱山を探し出し、そこに生えている霊草を取って来い」と 

命じます。なぜなら、蓬莱山の霊草は人を不老不死にするから。 



徐福は日本のあちこちを探し回り、ついに霊草を発見した。 

けれども、彼は中国には戻らなかった。 



徐福の墓は、佐賀県と和歌山県にあります。 



しかし、人間が不老不死の状態になれるということは、そこが 

永遠に平和を保っていることが前提になるはずです。 



「青い鳥」は、日本の地にいたのでしょう。 

私は、それは愛知県だったと思うのです。 



皆さん、祝福の地、歴史の地、愛知県でいらしてください!! 

韓国茶・室長さんと、とらのこどもがご案内します!! 



記:とらのこども 


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2012-06-30 17:13 | 指定なし  

<< ニュース(拡散掲載):メタンハ... 人生五十年。。。 >>