「国家の根幹とは!?(再掲)」

国家の根幹とは、「食」にあると思う。


食べられなければ、主義主張なぞは意味がない。


 


「食」の確保は、経済であり、


経済とは、つまるところ、エネルギーではないか。


 


戦後の日本は、歯を食いしばって復興してきた。


それを支えるエネルギーを確保してきた。


 


そして食ってきたのだ。


 


その大きい柱として、心も金も注ぎ、育成してきた


のは、間違いなく原子力だと思う。


 


感情だけに流されて明日は無い。


 


明日をしっかり設計し、準備するのが大人の判断


だと思う。でなければ、日本に未来はないと思う。


 


選択すべきは、


原子力の有無だ、という論点は間違いだろう。


 


選択すべきは、


エネルギー確保プランの選択であるべきだ。


 


原子力を廃止しようとするならば、


選択枝としての代替エネルギープランが必須だ。


 


それを提示し得ない原発廃止論は、


すべて、この国を滅ぼす勢力の亡国論と思って


 


間違いない。


 


わたしは、そう思っている。


 


ゆえに国家の根幹は、


食と、エネルギーを確保しようとする「人」にあり。


 


記:とらのこども@休日再掲


 


 


 


 原子力を廃止して、豊かな未来像を描けるなら


 それはそれでよいのかもしれぬ。


 


 石油を作るオーランチオキトリウム」の実用化なら


 いくら税金を注ぎ込んでも、もろ手をあげて賛成したい。


 


 政治家ならば、命を懸けて国産エネルギーを確保せよ。


 それこそ子孫に自慢できる政治テーマに間違いない。


 


 国産の食糧自給、国産のエネルギー自給を心血を注げ。


 日本が独立国であるために。


 


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2012-04-21 09:41 | 指定なし  

<< エネルギー自給に向けて ある愛の詩(パリより) >>