北朝鮮の漁船事件について

頂門の一針より転載


http://melma.com/backnumber_108241_5387200/


 


 1)北朝鮮から漂流してきた小型船乗組員を、急いで中国経由で帰国さ

せた事件について、ほとんど話題にならず終わりになった感じですので、

一言述べさせていただきます。



1、漁具が無かったことについて。

  イ、漁具のない漁船はあり得ない。



  ロ、普通あの程度の小型漁船での操業は家族単位で、成人4人も乗っ

    ているのはおかしい。



2、GPSを持っていたことについて。



   わが国でもあの程度の漁船でGPSを整備しているのは考えられ

   ないのに、まして北朝鮮の  小型船が整備しているのは漁船で

   ない証拠である。GPSを整備しているということは、国の機関

  の船で、陸岸から離れて、陸地の見えない沖合で業務を行うという

  ことだから、親船の登載船で  親船から離れて、業務をしていた

  に違いない。



3、 以上のことから、当該船は親船から密航か密輸目的で隠岐の島に

人を上陸させた後、エンジンが故障して漂流していた可能性が大である。



このような船の乗組員を何故急いで帰国させたのか、マスコミは何故取

材しないのか不思議です。



船を調査した境海上保安部や第八管区海上保安本部の取材もしたのでし

ょうか。それとも、海上保安庁に箝口令が出されたのでしょうか。 

                            (剛)

以上は、頂門の一針より転載


http://melma.com/backnumber_108241_5387200/


[PR]

by toranokodomo | 2012-01-18 20:26 | 指定なし  

<< 結婚の誓い 男は女々しいもの >>