婚姻届

 会社の後輩に、婚姻届の証人になって欲しいと頼まれた。 


以前、所属した部署の仲の良い後輩なので、 

喜んで証人欄に記名、捺印した。 



ずいぶん緊張して、名前などを自署した。 



帰宅して、家内にそれを告げると、 



「それはね、夫婦円満な人がしてあげるものよ。」 

「普通は、ご両親じゃないの?安易ね。」 


とのコメントであった。 



ちょっと、婚姻届の証人欄について調べてみる。 


*****************************************************

証人は20歳以上の方(正確には成人)ならどなたでもかまいません


(婚姻する当事者は証人にはなれません)。


必ず自筆で書いてもらって下さい。夫側から1人、妻側から1人という


ような決まりもありません。夫になるひとの両親(2人)だけでもかまい


ませんし、逆に妻になる人の両親(2人)でもいいのです。





信じられないかもしれませんが、だれでもいいのです。友達でも、


兄でも、弟でも、外国人の方でもかまいません。





その人が学生であろうと、無職であろうと関係ありません。





印鑑を忘れずに押してもらいましょう。 証人になったからといって、


その夫婦の面倒をみなければならないということもありません。


「保証人」とは意味が違うのです。 

******************************************************

とあった。 



その後輩がどうしてわざわざ、わたしのところに頼みにきたか? 

家内がどうして、夫婦円満な人がしてあげるものよとのたまったか? 



いささか気になったが、流しておいた。 

自分にとって、さわやかな良いニュースだと思う。 



明日、結婚する二人へのささやかな有志の宴会だ。 

大いに飲もうと思っているところだ。 



記:とらのこども http://plaza.rakuten.co.jp/toranokodomo/ 


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2011-12-15 19:28 | 指定なし  

<< こどもたちに伝えたい世界 気をつけましょう。備えましょう。 >>