「夢のなか、旅をする」

長い長い夢を見た後に、目が覚めて時計を見てみたら、

実際には、ほんの少しの時間ぐらいしか経ってなかったなどということがある。



それは、夢というものは、「時計的な時間」=「クロノス」によって見ている

ものではなくて、別の時間軸。個人的な時間=「カイロス」と呼ばれる時間で

見ているからなのである。



つまりカイロスとは、人間一人一人が思う「意味合い」などによって、

いくらにもゆがめられる時間なわけである。



小説などで、「そして10年の月日が流れた」と描写される時の感覚に近いものかも

知れない。実際の時計的な時間ではない。こちらが「そうだと思う」時間なのである。



空間でも同じようなことが考えられる。





ではなぜ、夢はカイロスで見るのであろうか。



じつは夢というものは、ユングによれば、クロノス的に言って「ほんの一瞬で」見て

いるものなのである。覚醒の直前か直後かに、無意識からデータだけを与えられ、

それを意識において(といっても意識はしないのだからおそらく意識と無意識の境界

あたりで)



「理性」がその「独自の設計図」に基づいて「夢」を作っていると言うことになるの

だろう。すなわち、無意識からのデータ、あるいは理性の設計図の中に、何らかの

「時間設定」が考慮されていれば、夢はその時間に沿って構築されるというわけだ。



これが小説の中での「そして10年の月日が流れた」という説明のようなものである。

ちなみに、無意識からのデータは、外的刺激、例えば、目覚ましの音などによっても

触発されるような形式で出現するとも言われる。



結論:夢の中の時間は、覚醒時のいわゆる「現実」の時間とは全く異なるものである。





  皆さん、いかがでしょう? ご存知でした??

  夢の中では、本当の人生のような長編もあれば、怖い怖いショートストーリーもある。

  できれば、楽しい夢がいいので、毎日、毎日をがんばりましょう。

  よくやった、できることはやった。という安心をかかえて安眠したいものです。

 

  以上、ネット発表論文「ユングと宗教心理学」よりご紹介しました。

  佛教大学大学院 教育学研究科修士課程 臨床心理学専攻 杉田貴行さんという学生さん

  の発表論文です。 記:とらのこども





(その論文の締めくくりは下記のようになってました。)

夢の世界と、現実世界の出来事は、奇妙な一致をしている場合もあり、

それに気づくことにより、何かしらの深い情動や認識を得ることもある。



いずれにせよ、実生活に活かせてこその気づきであり、

夢の世界と現実世界の関わり方が重要であることは言うまでもない。







  今日も、夢のなか、旅の話しでした。

  臨床心理学というのもなかなか面白い。ぜひ、いい先生になって欲しいですね。



  春眠、暁を覚えず。の例えどおり。夢のなか、素敵な旅を楽しみたいものです。

  とはいえ、頭の中に旅の材料の無い人は、楽しい夢はできませんね。



  やっぱり、時間とお金を使って、本当の旅に如かず。

  旅行の秋だから、今からでも予定を立てて旅立ちたいもの。さてさて。


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2011-11-16 19:50 | 旅行の話し  

<< 「小さな旅 ものがたり」 遥かなる東野への旅路 >>