タグ:日本 ( 5 ) タグの人気記事

 

概略:世界経済の動向

新聞やネット、それから会社の仕事を通じてつらつら思ったことをブログに書いてみます。
以下に書くことは私見ですが、皆さまのもし参考にしていただければさいわいです。

*****************************************************************
安部政権になってから、景気がいい、回復してきている実感をすごく感じます。
とはいえ、ものすごくいいわけではなくって、あっ、あっちもいい、こっちもいいんだ。

そういう感じを各方面から受けるというレベルです。
つまり、本格的に好景気に入ったというレベルではまだまだないように思います。

ぜひとも、この胎動が本物になって欲しいと心から期待しています。
まだ浮かれてはならない(設備投資しようとは思わない)感じでおります。

サブプライムショック(リーマンショック)から早いもので6年が経とうとしていますが、
その間、アメリカもEUも、中国もジャブジャブにマネーサプライを増やし、政府債務を
大幅に増大させて世界の経済を支えてきたんだと思います。

(かつての日銀と民主党政権だけがそれをしなかったのではなかったのでしょうか。)
⇒その結果、超円高となり、日本の製造業は塗炭の苦しみを味わったのです。

不良債権はアメリカもEUも、それぞれ約2000兆円規模と聞いたものですが、まだまだ
解消はされていないはずです。さらに、EUはギリシャなどの南欧危機が続いています。
南欧諸国がデフォルトすれば、約1500兆円の損失見込みときけば恐ろしくなります。

いずれにしても、世界恐慌にならず6年間、支え続けてきたわけで、偉いもんだと市井の
一市民として、各国の政府、中央銀行の偉さを感じる次第です。

ここにきて、アメリカもEUも中国も、今までのジャブジャブ政策は継続できなくなって
きていて、緊縮に向かっているようです。ということは、アメリカも、EUも、中国も、
今以上に経済拡大が難しい(輸入拡大ができない)ということになります。

世界が次の市場拡大を求めているのは、日本以外にはないんじゃないでしょうか。
いろんなニュース、出来事からそんな気がすっごくします。


そうすると、アメリカも、EUも、中国も、金利を上げていくことになりますので、今以上
に円安が進んでいくし、株価も高くなっていくし、土地も高くなるのではないかなあと
つらつら思うわけです。なお、本当に実現するには世界の合意が必要です。

いろいろ政治的な条件、経済的な条件があるにせよ、
もしかすると中国からの攻撃(戦争)が勃発する可能性があるにせよ、

今、そういう日本が大復活するかもしれない潮目にあるということを、日本人は知って
おいたほうがいいと思います。大激変するかもしれないということです。

その可能性を信じて、日本に投資し、日本の株式を持ち、日本の土地をしっかり持って
いる個人や法人が、近未来、大きな利益を得られる可能性が高いのではないかと思います。

もちろん、そんな可能性がないと思うなら、外国へ資産を移し、外国の株式を持つという
のも悪くないと思います。円安とともに、大きな利益があると思います。

いずれにせよ、情報をよく分析し、時機を逸することなく、対処していかねばと気を引き
締めて毎日を送っています。本当にいいことがありますよう心から祈ります。

ぜひとも、中国などと不測の事態(戦争)にならぬよう、日本は軍備増強に全力を挙げて
取組みしてほしいです。もしそうなれば、本当の悲劇ですからなんとしても避けたい。
子どもや孫の世代に、平和な日本を残してあげたいです。

記:とらのこども





[PR]

by toranokodomo | 2014-06-08 17:22 | 世界経済  

世の中に必要なもの

メーカーに勤めていて思うのは、

世の中には、「必要なものは有り余っている」ということです。

だから、「不必要だけれどもみんなが欲しいもの」も提供するのがいいし、

なにより、「必要であり、かつて無かった素晴らしいもの」を心を込めて

創造しないといけないと、つくづく思うのです。

会社を変えるのは、新製品しかありません。

日本のメーカーの底力を見せてやる!!

記:とらのこども




[PR]

by toranokodomo | 2014-05-17 13:09 | 仕事の話し  

「祈りを叶える!」

祈りの思いは、思っているだけではなかなか叶わず、

愛する思いは、相手に届かねばならないし、
祈りの思いは、神に伝えねばなりません。

この日本の地に、古くから伝わる神道の真髄こそは、
神との交信にあるのだと思われます。

そして稲作とともに鳥信仰の思想が日本へ入ります。
古い神道と帰化人たちの習合があり、

神道の中に、玉串奉奠(たまぐしほうてん)という
形で、今に残ります。

玉串とは、たましいのくしという意味です。

上野八幡神社:http://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&biw=794&bih=592&q=%E7%8E%89%E3%81%90%E3%81%97%E3%81%A8%E3%81%AF&aq=4&aqi=g7g-s2g-c1&aql=&oq=%E7%8E%89%E3%81%90%E3%81%97

玉ぐしは、鳥の形をしています。
榊枝に紙垂(しで)を麻で結び、鳥の羽とします。

祈りは鳥の形となって、天へ駆け上がり、そして
祈りの思いは、神へ伝わり、叶うのです。

記:とらのこども



羽衣をまとった天女の話し、鳥の話しはまた後日。
(参考:異界の旅へ 梅原猛)

とりあえず、今日も金剛山へ登ってきます。
なにかに背中を押されて、はーはー、息をきらせつ、とにかく登ります。 


[PR]

by toranokodomo | 2014-05-11 08:23 | 宗教関係  

「日本の、神の国の巫女」

「日本の、神の国の巫女」

2014/03/19 21:12

 

日本人は、万古の昔より神に愛されてきた。

そして、神を信じ、仕えてきたきたのだと思います。

 

ネットサーフィンで見つけた、

神の国の巫女:イメージはこれ! 皆さん、いかが?

 

神の国の巫女のこころは今に続いている。

手をあわせて祈りたい。そんな気分ですーー。

 

 

 

心を清め、からだを清め、厳かに天への通信を執り行う。

五穀の豊作を祈り、御礼を心を込めて天へと伝える。

 

天へ鳥を放つ。真白な羽をひろげて遠く遠く飛んでいった。

この世へお土産(みあんげ)をいただいた、

 

鳥獣魚貝など、大切に大切に、命をいただいたことを、

畏み畏み申す。ありがとうございます。

 

心を込めて、真っすぐに御礼を言える、

そういう心(直霊)を持ち、そういう生活を送りたいとおもう。

 

記:とらのこども

 

 

 

参考) 心とは、天と繋がる一霊「直霊](なおひ)と、4つの魂(みたま

から成り立つという。以下、wiki参照。

 

荒魂には「勇」、和魂には「親」、幸魂には「愛」、奇魂には「智」と

いうそれぞれの魂の機能があり、それらを、直霊(なおひ)がコン

トロールしている。簡単に言えば、勇は、前に進む力、親は、人と

親しく交わる力、愛は、人を愛し育てる力、智は、物事を観察し分

析し、悟る力である。

 

これら4つの働きを、直霊がフィードバックし、良心のような働きを

する。例えば、智の働きが行き過ぎると「あまり分析や評価ばか

りしていると、人に嫌われるよ」という具合に反省を促す。つまり、

この直霊は、「省みる」という機能を持っている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E9%9C%8A%E5%9B%9B%E9%AD%82


[PR]

by toranokodomo | 2014-03-19 21:17  

「私の信じている、日本・古代史」

「私の信じている、日本・古代史」

2014/03/15 21:40

 

わたしがそれと信じている日本史シリーズ。
ここに紹介するものは、いつか、どこかで本などで読んだものです。

本当かどうかはわかりませんが、歴史で通説とされていることは本当か!?

と問わば、本当のところはわからない。。。ということがいっぱいあります。

有名なところでは、源義経が海を渡って、ジンギス・ハーンになったという

話しもあります。日本人から見れば、夢も、ロマンスもある。ウソのような

ホントの話しかもしれません。



今日のお題。
「大化の改心で暗殺された蘇我入鹿は、正式な日本の天皇だった。」
「蘇我入鹿は、実は聖徳太子だった。」


聖徳太子では、あの有名な中国への書。
「日出る処の天子、書を日没する処の天子に致す」

(「日出處天子致書日沒處天子」
『隋書』に記録あり。天子とは素直に読めば天皇でしょう。

参考 : 聖徳太子
出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E5%BE%B3%E5%A4%AA%E5%AD%90


この話し。わたしは密かに信じています。皆様はいかがでしょうか?

記:とらのこども


[PR]

by toranokodomo | 2014-03-15 21:42