「さっちん」の話し

さっちん、さっちゃん、さとちゃん、しょうちゃん、しんちゃん、せいさん、
そうた、そうし。。。これらの共通項は、さしすせそ。

「くれよんしんちゃん」は、小さい子、それに女性から人気があるし、
「沖田総司」なら、若い女性からむかしから人気の的だ。

会社名でいうと、資生堂のように、さしすせそから始まる会社名は清潔感が
あるらしい。

言葉のサブミリナル効果で、さっちんの名前を呼ぶたびに、川辺の水おとを
聞くかのように、心があらわれる。呼ぶたびに、呼ぶたびにそう。

さとしさん、さとみちゃんのように、年上の女性からかわいがられる名前と
いうのは、どうやらホントにあるようだ。

記:とらのこども


ちなみに、「ま」から始まる名前は、頼られる存在なんだそうだ。
「ちかちゃん」みたいに、い段の言葉は、相手のこころに飛び込み、
「ゆ」から始まる言葉は、だきしめたくなる。

いかがですか? そういう日本語の奥底の不思議、信じますか??




[PR]

# by toranokodomo | 2014-10-13 16:58 | 言葉、言の葉  

「前を向こうと思う」

親父の葬儀が終わって、早いもので1か月以上が経つ。

おかんにはおかんの新しい生活が始まるし、兄弟三人とも、それぞれの家族との
仕事があり、生活があるから、まいにち、それなりに忙しい。

2週間ほど前に、弟へおかんから電話があって、
「墓掃除をするから手伝ってほしい。」と言ったらしい。

自宅を出て、電車に乗る前、弟から電話があり、そう言っていた。
休日の昼下がり、弟はおかんと墓の掃除をきれいに仕上げたはずだ。

初秋とはいえ、日差しはまだまだ強くて、汗をいっぱいかいたろうと思う。

どんなことを親子で話しながら、墓掃除をしたのか。。。
まだ主の葬られていない墓。もうすぐ、親父の行く場所。これから手を合わす場所。

それは、満濃池の堤の西側のふもと。夕日がきれいな丘の上だ。

49日の法要は10月12日。
親父の埋葬は、100か日の法要のときを予定している。

とすると、勤労感謝の日か。。。
親父らしいかも。。。

ちょっぴり、そう思った。

記:とらのこども
b0314227_21341330.jpg



[PR]

# by toranokodomo | 2014-10-04 21:34 | 自分の話し  

大雨。。。

まずは、残暑お見舞い申し上げます!!
そして、大雨で被害のあった地域の皆々様へ心よりお見舞い申し上げます。

あんまし農業には詳しくはないのですが、
早い年なら4月末から5月の連休に田植えなのに、今年の田植えは5月下旬。

ああ、今年は残暑がきびしいんだろうなあって、
そう、勝手に思っていたんです。

ちょこっとネットで今年の海水温の推移を調べてみたら、
日本近海は例年比でかなり海水温が高いみたいです。朝鮮半島の周辺では
逆に、例年より海水温が低いようです。

ひと雨ごとに涼しくなるのが秋の雨。
でもでも最近の雨は、雨の後でもまだまだ涼しくはなりません。

きっとまだまだ夏の雨。そういえば、入道雲が夏らしくなってきたのは
ごく最近だと思いませんか??

海水温が高ければ、水蒸気量もきっと多いんだと思います。
風向き次第でしょうが、夏の雲はまだまだ続きそうな予感がします。

夏と冬の気団の大相撲はまだまだ続きます。
夏場所ははやく千秋楽にしてほしいものだと、心より祈ります!!

とらのこども

b0314227_21583212.jpg

[PR]

# by toranokodomo | 2014-08-25 21:13 | 季節のこと、身近な出来事  

「ジャパンリスク」(再掲)

中国の後援というか、黙認の元に北朝鮮は
10-20発の原爆を持つと言われています。

日本の都会で住むということは、

いざというときに、頭上に原爆が来るって
いうことに他なりません。

もっと世界は混迷していくことと思います。
中国は世界と必ず対立するでしょう。

そのとき、そのリスクに耐えて、
日本の都会に住み続けられるでしょうか??

政府も言わない、新聞にも載りませんが、
これが日本の現状なんだと思います。

記:とらのこども






[PR]

# by toranokodomo | 2014-08-23 19:15 | 米軍、安全保障  

転載:ぜんぶ、アメリカが悪いのだ!!

━━━━━━━━━━━━
終戦特集:アメリカ原因説
━━━━━━━━━━━━
 

       MoMotarou

経済は経済単独で存在しているわけではない。この当たり前のことを忘れ
ている日本人が多い。経済のためには威圧・恫喝・軍事力、そのほか何で
も使うのが国家の歴史であり、いまも世界の趨勢である。(日下公人)
        
              ★

本年8月15日の当地(岡山)は台風一過の涼しい1日でした。台風の影響
か安倍首相の所為か不明であります。靖国神社の蝉の声が「戦後の終わ
り」を告げているようです。(以下「思考力の磨き方」(日下公人)より
転載)

■武士道の源泉

――「カ」の前では「徳」という選択肢はない。力があって自制しているの
が、徳の根元である。力のない国が自制しても、それはただ弱いというだ
けで、ほとんど意味がない。

■「アメリカ原因説」

――アメリカ依存症を治療するには、なんでも「アメリカのせい」にすると
いう方法もある。「反省すべきはアメリカであって、被害者は日本だ」と
いう「アメリカ原因説」である。これは意外にアメリカ人の反発を招かない。

アメリカ人の心理は、「俺が原因なのか。やっぱり俺はそんなに力がある
のか」と内心喜んでいる。

――彼らが日本叩きをしたり、日本に警戒心を抱いたりするのは、「日本が
何かの原因になる」と感じたときである。「日本は原因になりうる力を
もっている」と彼らは認識し、恐怖を感じている。

そこで「いや、日本が行動に立ち上がるときの原因は、いつもアメリカに
ある」というと、アメリカ人は大いに安心して喜ぶ。

しかし、大事なのはその先である。その裏には「これ以上日本を怒らせる
と怖いぞ」という脅しがついていないといけない。

「その気になれば、われわれはかつての特攻隊のように究極の奮戦ができ
る」という意思表示である。そのためにも、すべからく日本人は、心の奥
に特攻隊精神を刻んでおくべきである。

何も実際に拳を振り上げる必要はない。そこから交渉を始めると、たいへ
ん効果があるということだ。

■日下公人さんは「しぶとい」

いつも独創的な発想で魅了されます。生い立ちもおもしろい。詳しくは
ch桜の番組で語られます。安倍さんの「軍師」かなぁ。。。

"「一億総特攻」といっても、いまの人たちにはまったく現実感がないだ
ろうが、あの時代を生きた私にはあった。そして、いざとなればその精神
を発揮するのが日本人だといまも思っている。"

  *日下公人氏に聞く[桜H26/1/3]http://youtu.be/Abn4vwNoZaQ
[PR]

# by toranokodomo | 2014-08-23 19:13 | 政治