<   2013年 12月 ( 67 )   > この月の画像一覧

 

今年、最後の写真ですー!!

b0314227_2152039.png


 


冬やねんから、道のうえに雪いっぱいは当たり前。


木々にも、びっしり雪がついていて当たり前。


 


暗くても、寒くても、風が強くても、辛くても、耐えて、


 


道を踏みしめて雪を踏みしめて、いっしょに歩こう。


道の先には明るい明日が、明るい新年が待ってる。


 


そんな2014年、元旦の朝が来ると思います。


私たちの道は、私たちが作るのやと思いますもん。


 


2013年大晦日


 


Rodriguez とらのこども


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2013-12-31 22:03 | 写真  

紅白まで、あと3時間。。。

NHKの紅白歌合戦まで、もう3時間。。。


 


おせちのかずのこの皮をむいたり、キッチンペーパーで


水気をふき取ったり、こんにゃくをくるり裏返して手綱結びを


作ったり、おせちの準備も佳境にはいった感じです。


 


紅白歌合戦を見て、行く年くる年を見て、


年越しそばを食べて、家族で新年のあいさつをすれば、、、


 


いよいよ、2014年の始まりだ。


いよいよ、カウントダウン。


 


記:とらのこども


 


b0314227_2151910.jpg


 


b0314227_2151966.jpg


 


b0314227_2151936.jpg


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2013-12-31 16:28 | 季節のこと、身近な出来事  

年末最後の行事は???

年末最後の行事はなんでしょう???


 


たとえば、最後まで頑張って大掃除の方もあるでしょうし、


年始に行くことができない知己親戚の訪問もあるでしょう。


 


とらのこどもの年末、最後の行事は、、


「白銀に光る、金剛山登山」にしました。雪で真っ白です。


 


気持ちを引き締めて、朝ごはんをしっかりいただいて、


アイゼンその他の装備をちゃんと確かめて、


 


よし、行くぞーーー!!!


 


記:とらのこども


 


b0314227_2151999.jpg


 


b0314227_2151995.jpg


 


b0314227_2151974.jpg


[PR]

by toranokodomo | 2013-12-31 09:21 | 指定なし  

「正しいお祈りの作法」

あんがい知らない、正しいお祈りの作法を!!


 


b0314227_2151940.jpg


 


神さん、仏さん、数あるなかで、


日本の神さんだけ、あれこれお祈りと称して、ご利益あり。


 


世界の神さんは、ご利益なんてありません。


人間への絶対者ゆえに、最後の審判をくだすのみ。


 


あー、よかった。日本の神さんは、目も治す、金も増やす。


ありがたい、ありがたい。。。


 


そんならほんまに苦労無しですけどね、


そんなわけないですよね。


 


 


正しいお祈りの作法は、簡単です。


「神さん、ありがとう!!」という御礼の言葉です。


 


 


神さんへ、あれせー、これせー、いうお祈りは、


大間違い。そんな心では、神さんを恨むことになりかねぬ。


 


せっかく参詣して、せっかく神域の気にふれて、


せっかくすがすがしい、気持ちを授かったというのに、


 


まちがったお祈りをしたのでは、もったいない。


 


日々の暮らしは、神さんにちゃあんと守られています。


だいじょうぶです。


 


心も体も、ありがたい授かりものです。


また、ふさわしいご縁もまた、ちゃあんと授かってます。


 


感謝、感謝、合掌。


それだけでええんです。


 


気が付けば、おかげさんのなかに生かされている。


気づいて感謝。気づいてこそ、幸せです。


 


記:とらのこども


 


 


 


 それやないとダメなんですよ。


 


 阿修羅のみちは、我がこころにありです。


 ご用心、ご用心。。。


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2013-12-30 21:41 | 宗教関係  

「日本の、神の国の巫女」

日本人は、万古の昔より神に愛されてきた。


そして、神を信じ、仕えてきたきたのだと思います。


 


ネットサーフィンで見つけた、


神の国の巫女:イメージはこれ! 皆さん、いかが?


 


神の国の巫女のこころは今に続いている。


手をあわせて祈りたい。そんな年末年始ですーー。


 


 


b0314227_2151843.jpg


 


心を清め、からだを清め、厳かに天への通信を執り行う。


五穀の豊作を祈り、御礼を心を込めて天へと伝える。


 


天へ鳥を放つ。真白な羽をひろげて遠く遠く飛んでいった。


この世へお土産(みあんげ)をいただいた、


 


鳥獣魚貝など、大切に大切に、命をいただいたことを、


畏み畏み申す。ありがとうございます。


 


心を込めて、真っすぐに御礼を言える、


そういう心(直霊)を持ち、そういう生活を送りたいとおもう。


 


記:とらのこども


 


 


 


参考) 心とは、天と繋がる一霊「直霊](なおひ)と、4つの魂(みたま)


から成り立つという。以下、wiki参照。


 


荒魂には「勇」、和魂には「親」、幸魂には「愛」、奇魂には「智」と


いうそれぞれの魂の機能があり、それらを、直霊(なおひ)がコン


トロールしている。簡単に言えば、勇は、前に進む力、親は、人と


親しく交わる力、愛は、人を愛し育てる力、智は、物事を観察し分


析し、悟る力である。


 


これら4つの働きを、直霊がフィードバックし、良心のような働きを


する。例えば、智の働きが行き過ぎると「あまり分析や評価ばか


りしていると、人に嫌われるよ」という具合に反省を促す。つまり、


この直霊は、「省みる」という機能を持っている。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E9%9C%8A%E5%9B%9B%E9%AD%82


[PR]

by toranokodomo | 2013-12-30 20:33 | 宗教関係  

考えすぎ???

あんまし、考えすぎるとこうなっちゃうかもーー。


バカなことばっかり考えずに、男は黙ってサッポロビール。


 


考えないのもこまりもんやけど、過ぎたるは及ばざるより


悪いかも。レコード大賞でも見て、音楽聞いたほうがまし。


 


大晦日の1日前。しずかに過ごしましょう。。。


いよいよ元旦までカウントダウン。。1,2,


 


b0314227_2151823.jpg


 


 


PHOTO:画像ランキングより


http://tumblrport.com/jp/articlelist.php?format=photo&mode=rank


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2013-12-30 18:48 | 写真  

「神さんの教え」

暑い寒いと嘆いてばかりいるのは、無駄なことと心得て、


苦情をいわずに、にこにこと、


 


寒ければ、寒い寒いと嘆き、暑ければあついとかこち、


良いにつけ、悪いにつけ、苦情をいい、不平を言う。


 


それは神さんの御心にそむく無駄ごとである。


 


暑さに耐え、寒さをしのぎ、それに順応し、これを克服する


方法を講じて、


 


黙々と、にこにこと、朗らかにやっていこう。


 


きっとそれが、神さんの教えやと思います。


 


 


 


ふる雨は あとなく晴れて のどかにも


 


ひかげさしそう 山ざくらばな


 


 


 


御祐助(おたすけ)をこうむって、福徳増しなお日に進んで


望みごとは心のままになる。


 


しかしそれについて、心おごり身を持ち崩して災いをまねく


おそれあり。


 


心正直におこない、正しく身を守るべし。


 


これぞ大吉、間違いなし。


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2013-12-30 16:15 | 宗教関係  

「生きる!」

生きるとは、生き抜くことだ。

憐れみなぞ、かわいそうなぞ、思われても、死んでしまえば何にもならぬ。



世界中を全て敵に回しても、生き抜くのだ。



正しいだけでは意味がない。

強くなくては。




上記の元の言葉は、ユダヤの格言より。





  さすが、ユダヤは違う。

  日本人にも同じ凄みがあった。少し忘れかけているだけ。



  めだかも同じ、たんぽぽも同じ。

  まして、人において思いや如何。


 



 



[PR]

by toranokodomo | 2013-12-30 08:19 | 金言、格言  

お薦め 「つしま・河内酒造」

国境の島「対馬:つしま」唯一の酒蔵、『河内酒造』さん。


麦や米、芋焼酎各種。日本酒、にごり酒など。直販もあり。


 


とらのこどもは、対馬産の芋だけを使った、「対馬やまねこ」


焼酎を買って飲んでます。芋焼酎、アルコールは20%です。


 


ロックで飲んでます。最初の香りは、かすかに芋の香り。


さらりと喉に落ちて、実に美味い。くせ無く、飲みやすい。


 


とらのこどものお薦めです!!


 


 


河内酒造HP:http://kawachi.shop-pro.jp/


 


店長ブログ:http://blog.kawachi.shop-pro.jp/


 


 


         

b0314227_2151793.gif


 


[PR]

by toranokodomo | 2013-12-29 23:08 | ご馳走、食事、グルメ  

悩み、苦しみ、と喜びと。。。

 


「人はみな、死ぬまで悩むのや」


と、おかんが言うてました。


 


50歳を過ぎて、ほんまそうやなあと得心していますが、


それでも、なんとかして、少しでも、


 


己の良心にしたがって、欲望にも負けて、


なんとかしたい、こうしたい、ああしたいとあえいでます。


 


と同時に、あかんあかん、こんなことでは許されないと、


自分の考えや行為をまた、自分で自分を責める。


 


なんとかなったとき、それはうれしいもんです。


 


なんとかならへんかっても、


自分で自分を許せたとき、これもまたうれしい。


 


悩む自分こそ、いとおしい仏様の姿ではないでしょうか。


こころの奥のほうに、仏さんがいてくれるから、


 


悩みとなって、自分を苦しめめするけれども、


ちゃんと落ち着くべきところへ、赦しもいただけるのやと


 


年末をまえにそない思てます。


 


祈り、祈り、祈るこころが、


自分のなかに、しっかりした芯(真)を作ってくださいます。


 


信仰、祈りの効用はすばらしいものがあります。


そして、それを知っているのは人だけでしょう。


 


もうすぐ新年、もうすぐ初詣です。


手をあわせて、自分のなかの誠(真・芯)をつくりましょう。


 


それであればこそ、また1年間、がんばれます。


ええことがいっぱいあると思います。


 


記:とらのこども


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2013-12-29 16:44 | 宗教関係