<   2013年 03月 ( 53 )   > この月の画像一覧

 

再掲:魔物はどこからやってくる?

闇に閉ざされた心からはマモノが生まれ堕ち、



光に満ちた心からは天使の翼が羽をひろげる。


国際戦略コラムにそうあった。

http://fuku41.hp.infoseek.co.jp/


 


   

b0314227_052336.jpg




運命に立ち向かうのも、未来を変えるのも、



ひとりひとりの心から始まる。



 


光に満ちた心は、光あふれる言葉となり、



まばゆい行為となって伝わってゆく。



 


ひとりひとりの輝きが世界に満ちるとき、



運命はその姿を変える。





 


 


[PR]

by toranokodomo | 2013-03-31 17:44 | コラム  

「花散らしの雨が降る」

春雷が鳴り響き、しばらくして、いっしゅんで空が暗転する。


春雨じゃ、というささめ雨ならいいけれど、


 


春の嵐の雨は、花散らしの雨。あっという間に桜を散らす。


あれほど、今よ盛りと満開の花を見せていたのに、


 


わずか10数分で散ってしまった。


花が樹上から地上へお引越ししたように、遊歩道は桜色。


 


b0314227_052266.jpg


 


ベランダの手すりは、大きな雨だれをたたえたまま。


空気は、冬の冷たさに逆戻り。空だけ不思議、青く抜けた。


 


あたたかい日がやってきて、桜花が咲き、ミツバチが集い、


おおー、春やのうと思って散策したのは昨日なのに、


 


今朝は、春の嵐がやってきて、


すべてを持ち去ってしまう。自然といえばこれぞ大自然だ。


 


無常といえば、これぞ無常の姿に違いない。


さくらの花は、来世の私かもしれぬ。


 


ピンクに染まった遊歩道をじっと眺めつ、


ベランダで煙草をくゆらせ、紫煙の先を追いかける。


 


記:とらのこども


 


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2013-03-31 10:30 | 詩歌のようなもの  

今日は、お出かけの日です♪

今日は、たぶん、人間様の啓蟄気分。


いよいよ、みんなでお出かけ本番気分だと思います。


 


きっと行楽地は、どこもいっぱいやったんちゃうかな。


そんな気がする今日の土曜日ですwww。


 


皆さんは、どちらへお出かけだったんでしょう!!


 


子供が春休み講習のため、我が家はお出かけ無し。


花見の散歩で、ニュータウンのなかを歩きました。


 


b0314227_052126.jpg


 


でも、もうすぐ子供たちが戻るから、


今晩は、焼肉でビールです。めちゃ楽しみですーー。


 


喰うぞー!!


 


記:とらのこども


 


b0314227_052149.jpg


[PR]

by toranokodomo | 2013-03-30 18:38 | 季節のこと、身近な出来事  

お薦め 「アメリカ通信」

GHQ,マッカーサーが日本に上陸したとき、あまりに何もない

貧しい国であることに驚きました。



なぜ、日本だけが、イギリスもドイツもできなかった機動部隊をつくり

米国と太平洋上で戦争ができたのか?



それは日本人の精神や積み上がった学問だと悟ったマッカーサーは

日本にある有益な図書7,000冊以上を焚書します。

指定図書の研究、回収は、静かに、極秘に行われました。



そこには、日本人の精神をささえてきた歴史の本の数々から、

アメリカ研究や資源研究の本、そして、

戦略にかかわる本、地政学の書籍もありました。



戦後日本では地政学は勉強できません。

大学で専攻できる学部、学科はありません。





今回、英国で学んできた地政学を奥山真司先生が

禁断の学問・地政学を復活させるつもりで、語り尽くします。

ついにやります。

「奥山真司の地政学講座」

詳しくはこちらから

http://www.realist.jp/geopolitics.html

 


 


以上は、日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信より


http://www.mag2.com/m/0000110606.html


[PR]

by toranokodomo | 2013-03-30 11:08 | 米軍、安全保障  

「四角い家」

四角い家は、実はとても新しい。

人類の家の形は、ホントは円い家が基本だからだ。



穴居の洞窟もそう、



アフリカもそう、モンゴルのパオもそう、

インディアンのテントもそう、



日本の竪穴式住居だって、ずーっと円い家だった。



円い家には、仕切りが無い。

四角い家には、個人と個人を仕切る壁がある。



壁を作るために、

四角い家ができたのだろう。



そしていつか、みんながバラバラになっていく。

四角い家は、それが理想なのだから。。。



記:とらのこども



 


 


 


  冗談じゃない!!、もし、そう思ってもらえれば


  幸いです。春直前の週末&休日です。




  子供たちは春休み、天気は良し。


  ぜひ家族で相談してお出かけしたいものです。


 


 


Rodrigues toranokodomo


[PR]

by toranokodomo | 2013-03-30 08:02 | コラム  

男は黙って。。。

男は黙って、サッポロビール。

高倉健さんの渋い顔のアップと、ビールの画像。



男は黙って、世界を作る。

世界で闘う男たち。アップは無し、孤独に闘う。





b0314227_051930.jpeg






 とはいえど言葉はなべて届かざりき

 追憶に揺れやがて沈みき






語るな、説明などいらないのだから、

後ろ姿で語る、結果だけで語る世界に生きる。



温かく抱きしめてくれる、

そういう場所がきっとあるから。



言葉は無用、想いはかならず届く。

誰も認めなくていい。ただ自己満足でいいと。



スコッチのグラスが、カラカラ回る。

明かりを映しながら。。。



記:とらのこども





 闘うSEOULMIKIさんに捧ぐ。

 


 


 


Rodrigues toranokodomo


[PR]

by toranokodomo | 2013-03-29 17:08 | コラム  

恋する人

恋する人


 


恋する気持ちは、求める気持ち。


 


大好きな花を求めて、飛んでさまよう花ばたけ。


 


あの花も、この花も、きれいに咲いてはいるけれど、


 


求める花は、「あの子」だけ。。。


 


恋する気持ちは、時間がない。


 


朝も、昼も、夜も。ふっと思い出しては、苦しくなる。


 


あたまの中で考えているようでいて、


 


胸の呼吸、身体の経絡、そういうもの全部で求める。


 


だから、自分の意思じゃ止められない。


 


きゅんきゅん、苦しくなる。


 


DNAが「あの子」のところへ飛んでいけ!!って、


 


指令を出す。いてもたってもいられない。


 


恋する気持ちは、どうしたらいい?


 


お風呂に入っても、ベッドに入っても、仕事をしても、


 


もうどうにも止まらない~。


 


記:とらのこども


 


b0314227_051783.jpg




PS そういうことがあったなあ。。今は昔の物語り。

   枯山水には枯山水の味わいがあるなり。


 


 


 



 



Rodrigues toranokodomo


[PR]

by toranokodomo | 2013-03-28 17:06 | 詩歌のようなもの  

「いいひと」

いいひと





いいひとの条件は、なんだろう?





おそらくは、いいひとは、人を傷つけたりはしないだろう。


おそらくは、いいひとは、他人の心がわかるだろう。





いいひとは、他人のこころがわかるだけでなく、


ちゃんと感情移入できるから、つらい気持ちも共有する。





だから、いいひとのこころは痛む。





誰に何にも言いはしないが、いつも何かに心を痛める。


何かをするときもあれば、しないときもある。





だから、他人から見たときに、


「いいひと」は見つかりにくいものだったりする。





知らず知らず、いいひとは誰かを助ける。


その仕事は、おのずと愛がこもっている。





その仕事は目立たない。





その仕事は、いいひとがいなくなって初めてわかる。


そんな「いいひと」に、わたしはなりたい。





記:とらのこども


 


 


 



 



Rodrigues toranokodomo


[PR]

by toranokodomo | 2013-03-27 17:06 | 仕事の話し  

いい人、悪い人

良い人と悪い人と言っても、外見ではわからない。

でも、自分を取り巻く人々のなかに、良い人と、悪い人がいる。



それが社会というものだから仕方ない。

誰しも生きているから、他人より優位に立とうと努力している。



良い人、悪い人というのは、ちょっと違うかも。。。

自分にとって良い人、悪い人というべきか。



実父母の言動を考えれば、すぐに理解できると思うが、

耳に痛いことを、わざわざ言ってくれる人は良い人である。



誰しも、そういうことをわざわざ言いたくはない。

それをあえて、その当人に忠告してくれるのだ。



悪い情報を教えてくれる人もそう。



そういう人は、苦手な人が多い。

そういう人は、遠ざけたいと思う気持ちも自然とあろう。



そういう諫言をありがたく拝聴できるよう、

そういう言葉を授けてくれる先輩、友人、知己を大切にできる



自分でありたいものだと願う。



甘言ばかりを言う人は、間違いなく悪い人だろうと思う。

そういう人に取り込まれる自分には、なりたくはない。



記:とらのこども


 


 


 



 



Rodrigues toranokodomo


[PR]

by toranokodomo | 2013-03-26 17:04 | 仕事の話し  

お礼:17万アクセス

昨日の最後になって、ふとアクセス数を見ると、


170000アクセスをすこし超えてました。


 


ロドリゲス・とらのこどものプログをご覧いただいている


すべての皆さんへ厚く感謝申し上げます。


 


いろいろ大変な世の中ですけど、


きっとどこかでつながっているし、きっといいことがある。


 


そう思います!!


 


記:とらのこども


 


 


b0314227_051724.jpg


 


 


Rodrigues toranokodomo


[PR]

by toranokodomo | 2013-03-26 01:11 | 季節のこと、身近な出来事