<   2012年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

幸せのヒント

 きょうの幸せのヒント 「身近にある幸せ」



======================================================================



  『われわれは自分にとってよいものを、

   見つけられるところから見つけるしかない』 ピカソ



  『“楽しみの種”は身近にたくさんあります。

   早くそれを見つけ出せば、

   幸福へ一歩近づいたことになります』 J・マーフィー



  『身のまわりにある愉快なことを考えるのが

   幸福の第一歩である』 チャールズ・エバレット



  自分の幸せを見つけることが、幸せへの第一歩なのでしょう。

  今見つけられる幸せは、自分の身近にしかないのではないでしょうか。



  『身のまわりにいくらでも転がっている幸福から、

   自分のものを選び出し、

   それを最高のものに高めることだね』 本田宗一郎



  『幸せを数えたら、あなたはすぐ幸せになれる』 ショーペンハウエル





  わたしは、おかげさまで、いつも、結構、しあわせです。

  ありがとうございます。(へへ)




  記:とらのこども  http://plaza.rakuten.co.jp/toranokodomo/


[PR]

by toranokodomo | 2012-11-29 23:18 | 指定なし  

”マモノ”は、どこからやってくる??

闇に閉ざされた心からはマモノが生まれ堕ち、



光に満ちた心からは天使の翼が羽をひろげる。



運命に立ち向かうのも、未来を変えるのも、



ひとりひとりの心から始まる。



光に満ちた心は、光あふれる言葉となり、



まばゆい行為となって伝わってゆく。



ひとりひとりの輝きが世界に満ちるとき、



運命はその姿を変える。





国際戦略サイトにそうあった。

http://fuku41.hp.infoseek.co.jp/


[PR]

by toranokodomo | 2012-11-29 08:45 | 指定なし  

キスの値打ち!?

ふと思った素朴な疑問。

どこまで友だちで、どこから恋人になるんだろう?



キスを一度すれば、恋人か?

それは違うような気がする。一度したところで、恋人じゃないって言われそう。



気持ちと行為が同時進行でリンクしてればいいんだろうけど、

がっちり固定されている自動車のタイヤでさえ、内輪差があるように、



男性と女性には時間差がすっごくある。

男性自身、女性自身にも、時間差があると思う。



例えば、行為先行の場合、

初めてのキス。2回目、3回目のキス。もっともっとたくさんのキス。



A,B,Cっていう行為の隠語が、昔々の高校生にはあったが、

Bに行っても、Cに行っても、恋人かどうか。



そもそも恋人ってなにか、友だちってなにか。。。

そこから考え直さないと、気持ちも、行為も、意味があるようなないような。



行為はあっても親しくない恋人よりも、しっかり親しい気持ちのある友だちは、

男女問わずほんと値打ちがある。



そう思う今日、この頃である。



記:とらのこども http://plaza.rakuten.co.jp/toranokodomo/





 


 


[PR]

by toranokodomo | 2012-11-28 21:46 | 指定なし  

「動画の世界は、どこまで、、、芸術か??」

カラーよりもモノクロが、


動画よりも、静物画のほうが、より芸術らしい。


 


何が芸術かと言えば、


光の表現、質感の表現、雰囲気の表現など。


 


じゃあ、これは、芸術か???


 


アメリカのサイトより転載しました。


 


b0314227_235563.gif


[PR]

by toranokodomo | 2012-11-26 23:27 | 指定なし  

決断力・行動力。 

決断力・行動力。 (休日再掲シリーズ)



決断力・行動力を高める. 目標を達成するためには、行動力が必要です。

いくら考えていても、それだけでは目標は達成できないでしょう。



何らかの行動をしなければなりません。

まずは、「行動することの価値を知る」ことが大事だと思います。



それは勇気と言い換えてもいいかもしれません。

決断力を高めるためには、どうしたらいいでしょうか?



まずは、行動することの価値を強く意識することだと思います。

もう一つ、決断力を高めるには「自信」が必要なのかもしれませんが、



自信は実際に決断し、行動し結果をだすことで少しずつ育てていくものです。

必ず、決断力は育ちます。





  羽生 善治著「決断力」

  「決断力」「集中力」の極意!「勝つ頭脳」は、こうして決断する。

  第1章 勝機は誰にもある(勝負の土壇場では、精神力が勝敗を分ける

  /勝負どころではごちゃごちゃ考えるな。単純に、簡単に考えろ!)





決断力は日々の行動の中で涵養されるもの。



例えば、大か小かを決断せずにトイレに入る。出れば大。出なければ小にする。

これでは決断力を鈍らせるばかりになりかねない。



入る前に「大だ!」と決断してからトイレに入る。



これをしている人は、なんだ当たり前じゃないかと思うかもしれないけれども、

それをしていない人は、世の中にいくらでもいるものだ。



変な例を引いたが、その他の仕事上の、プライベートのあらゆる場面で、

予め決断していない人は多い。まして男子であれば、心してかからなくてはならぬ。



別名「ケツ断力」ともいうゆえんである。失礼。



記:とらのこども@休日再掲シリーズ





  手抜きの休日再掲シリーズ。この記事は、自分でもお気に入りの話題です。

  皆さん、意識してケツ断力を涵養くださいませ。


[PR]

by toranokodomo | 2012-11-25 23:33 | 指定なし  

御礼 : 123456アクセス

勤労感謝の日に、


当ブログのアクセスが、12万3456アクセスになりました。


 


みなさま、本当にありがとうございます。


 


カウンターを掲載していないので、キリ番の方はわからない


んですけど、それはきっとあんあたかもしれません。


 


これからも何かしらお役に立てるような、そんな文章を


 


お届けできたらいいなあ、と思います。


 


そう、改めて思った今日です!!


 


 


記:ロドリゲス・とらのこども


 


b0314227_235470.jpg


 


 


 


秋のもみじの美しさ。


それは、生ききったという美しさやと思います。


 


働き盛りの、緑の葉緑素というビジネススーツを


脱ぎ去って、見せる色は、赤ちゃんの色。


(ファイトケミカルの色が、もみじの色の由来です)


 


生まれたばかりのときにも、


もみじの葉っぱは、そう、赤かった。


 


最後の最後、


葉っぱが落ちるのは、新芽の小さい萌芽。


 


そのひと押しで、落ちていくらしい。


ああ、なんてうらやましい。。。


 


[PR]

by toranokodomo | 2012-11-24 23:39 | 指定なし  

第三次「こたつ」大戦争!!

第三次「こたつ」大戦が、ついに終わった。


なんと、無血開城、わが軍の大勝利だ。。。


 



フローリングに、三畳のあったかラグを敷き、カバーをかけ、


家具調こたつ様のお出ましだ。ドーンと、リビングを占領!!


b0314227_235456.gif



あんたの言葉は信用できない!!


まさか、民主党の国会議員ではあるまいに、バッサリ斬られた。



 


あの無残だった、第一次、第二次「こたつ」大戦争があったれば


こそ、今日の大勝利になったものと、高らかに勝利宣言。


 


「コタツ人間の、こたつ人間により、コタツ人間のための。。。」


冬の生活に、ついに突入である。


 


昨日の夜、「明日は、親睦会の食事会があるんだから、子供と


食事して、たまには、こたつくらいちゃんと出しておいてよね。」


 


えっ、それ、ホンマか!? 出してええのん??


 


そう聞き返したい気持ちをぐっと抑えて、


今日、山の神さんが食事会に出かけてすぐ、電光作戦!!


 


こどもにも手伝ってもらって、こたつ大神殿を整える。


こたつの上に、みかんが無いのが残念だけど、


 


とりあえず置かれた、柿が光り輝いてみえた。


うれしい、本当にうれしい。


 


おかあちゃん、ありがとー!!


 



記:とらのこども


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2012-11-24 17:33 | 指定なし  

「11月23日・勤労感謝の日」

勤労感謝の日は、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年


7月20日法律第178号)第2条によれば、「勤労をたつとび、生産


を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨としている。


 


1948年昭和23年)に公布・施行された同法により制定された。


 


農業国家である日本は、古くから神々に五穀の収穫を祝う風習


があった。また、その年の収穫物は国家としてもそれからの一年


を養う大切な蓄えとなることから、収穫物に感謝する大事な行事


として飛鳥時代皇極天皇の時代に始まった新嘗祭(にいなめさ


い、しんじょうさい)の日が第二次世界大戦後のGHQの占領政策


によって天皇行事・国事行為から切り離される形で改められたも


のが「勤労感謝の日」である。(以上、wikiより)


 


というわけで、収穫を祝い、喜び、神様に感謝する日。そもそもは


それが、勤労感謝の日の大本だと思えば感慨深いものがある。


 


ちなみに、当日の小生は、朝4時起床、5時に自宅を出発して、


会社の倉庫移転の立会いのため、岡山県へ行ってきました。


荷物を入れ終え、システムの確認をし、月曜日・稼働初日への


ミーティングをして、夜8時ころに帰ってきました。


 


よく働いた。風呂へ入って、夕食をいただいて、ビールを一杯。


ぐいっと飲み干して、倒れるように寝ました。


 


やっと休みだー、、、と思いきや、


 


今日は、山の神の休日出勤&早番。みんな、ホント、大変だ。


子どもは部活へ出動中。冬の練習ゆえに、走って走って。。。


 


おかげで、食事は美味い!!風呂は気持ちいい。


また、布団の中にいれば、もう、極楽のようなものだ。


 


神さん、おおきに!!


これからも、あんじょう頼んまっせ!!


 


記:とらのこども


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2012-11-24 13:43 | 指定なし  

ココロに響く恋心

男であれ、女であれ、完璧な人はいないのやと思います。

心も体も、どこかしら不完全なものです。



そこに人生の妙味、男女の面白さがあります。

すっと合わさったときの快感です。



堅苦しく言えば、恋愛には、目的があるのです。

またお互いには、互いの役割りがあります。

そして時間というものも重要です。



意識、無意識というのはあるにせよ、

目的は「自分自身をより完全にすること」なんでしょう。



役割とは、そのためにお互いに影響を与え合うこと。



そして、それらにはタイムリミットがあります。



例えば、2日、2週間、2ヶ月、2年みたいに、お互い

の間にあるある周期にあわせてお互いが同じように成長

しないと、だんだんズレてきて、関係が保てなくなって

いくみたいです。



私たちは恋愛に関して、特に親の影響を強く受けてます。



親からもらった愛、もらえなかった愛、

親に与えたかった愛、受け取ってもらえなかった愛など



それらの愛情すべてを恋愛から得ようとします。



人はみな、恋愛を通じて、”人を無償に愛する”ことで、

高い幸せを感じます。心がピュアになるのやと思います。



(自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本)

(原田真裕美さん/青春出版社)



記:とらのこども


[PR]

by toranokodomo | 2012-11-22 20:17 | 恋愛、女性  

懐かしい忘れ物

 


通勤カバンの中身を整理していたら、

内側のチャックのポケットから出てきた一枚のメモ紙。



私が憶えるため、こどもに書いてもらったメモ紙だった。

なつかしい忘れ物。。。





♪さよなら三角 また来て四角



四角は豆腐 豆腐は白い



白いはウサギ ウサギは跳ねる



跳ねるはカエル カエルは青い(みどり)



青い(みどり)は柳(葉っぱ) 柳(葉っぱ)はゆれる



ゆれるは幽霊 幽霊は消える



消えるは電気 電気は光る



光るはおやじのハゲ頭



皆さんのところでは、この歌、どんなだったでしょう?

さよならさんかく?、いろはにこんぺいとう?



何れにせよ、懐かしい思い出ですね。



記:とらのこども





PS もう一枚。おーーっ、と思ったメモがありました。

   それは、サンタさんへの御礼の手紙。



   プレゼントをいつもありがとう!って書いてある。

   これは、サンタのわたしへの永久保存版。

 

[PR]

by toranokodomo | 2012-11-21 23:54 | 指定なし