<   2012年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

「ゲーム会社に望むこと」

ゲーム会社の皆さん、とくに経営TOPへの要望です。


もし、ご検討いただければ幸いです。


 


はっきり言って、暇を持て余している人が、日本中に


ごろんごろん、ころがっています。


 


そしてそれは、今なお続く、パチンコ屋などの盛況や、


ゲームへ時間を費やす人の多さでわかります。


 


ネットゲームで、プラットフォームはあるんです。


ぜひとも、少しでも、役に立つ何かを提供して欲しい。


 


それは、社会貢献という名の、ネットに関わる企業の


使命であり、期待であり、幸運の天使です。


 


ほんの数人の部門でいいので、


日本中のひまな人に喜ばれる何かを提供して欲しい。


 


ほんの小さな取組みでいいので、


世の為、人の為に役に立つような、そういう窓になり、


 


ネットを通じて、より良い社会実現のため、


尽力いただけませんでしょうか?


 


1個人ではできない、1地方自治体ではできない、


1営利法人だけではできない、


 


そういう何かがきっと成し遂げられます。


 


また、もしできれば、


海外と日本をむすぶ、そういうポータルサイトもぜひ、


 


ネットゲームのプラットフォームから、


世界へと広がるよう、ご提供くださるようお願いします。


 


記:とらのこども


 


 


追伸) 個人にとり、それはまるでゲームみたいなもの


だから、本当に留学はしないけど、ちょこっとだけなら


参加したい、応援したい、勉強したい、金儲けをしたい、


みんなそう思っていると思うんですーー。


 


そういう取組みは、ユニバーサルだから、日本の成功


は、韓国、台湾、上海、東南アジア、そして世界中へと


広げることができるはず。


 


ゲーム会社さんには、ぜひとも世界制覇を目指して欲し


い。そのためにも、公共の利益にかなう取組みこそが、


重要なのです。ぜひぜひ、お願い申し上げます!!


 




夏休み直前は、朝早く起きて早朝練習に出かけ、


夏休みになっても、朝9時から夕方6時まで部活の練習。


 


夏休みに突入したので、学校から出た夏休みの宿題は、


それこそ山のようで、英語だけでも毎日10ページ。。。


 


それに加えて、塾のほうからも夏休みの強化用テキスト。


昼も夜もなく、時間に追われていて、


 


大好きなアニメの録画は、メモリいっぱいにたまっていて、


30秒スキップや、早送りで見ている。


 


「お父さん、テレビ見てる??20分だけ、貸してね!」と、


そういって、大急ぎでアニメチェックする君。


 


漫画を読んで大笑いしたり、友達との電話やメイルでは、


くくっと笑う。PCで見つけた動画で、あーはっはっと笑う。


 


今日はそんな君の、17歳の誕生日。


家族そろって、近所のフレンチディナーへお出かけだ。


 


乾杯のとき、「毎日、精一杯の君はえらいと思うよ。」と、


そう言ってやろうと思っている。


 


だから、お出かけに間に合うように帰ってきてねー。


待ってます^^ 。


 


記:とらのこども


 


 



炎暑、猛暑耐えがたく、体にも変調きたし易いこの頃です。


またまたのご挨拶。。。


 


みなさま、暑中お見舞い申し上げます。


 


7月19日に夏土用入りして、8月7日の立秋までが土用。


7月22日が大暑でしたから、今こそ暑さ真っ盛り。


 


日本の夏、金チョーの夏♪ なんて、冗談が言えぬほど、


毎日、ほんとうに暑いですねえ。


 


止せばいいのに、今年もクーラー無しのまま、夏の暑さに


立ち向かっています。寝汗をどばっとかいて、、、


 


汗疹(あせも)も、あっちこっちにいっぱいです。


まるで、「熱の花」のように。


 


シャワーを浴びて、スイカを食べて、ビールを飲んで、


お昼寝。カレーを食べて、ミョウガに、福神漬け&ビール。


 


冷奴、おくら、冷たいとまとに塩をかけて、


讃岐うどんを冷製に仕立てて、鳥の唐揚げにビール。。。


 


 


昨晩遅くのお月様は、雲の中にかかって、


赤い月でした。皆さん、ご覧になられたでしょうか???


 


もしかして、ビールの飲み過ぎか!?


今宵も、汗ぐっしょりです。


 


記:とらのこども


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2012-07-16 10:00 | 指定なし  

「こころに、節を作ろう!!」

誰かと何かをする、それを「する」という。


 


誰かと何かをするゆえに、


 


その誰かに評価され、ほめられ、けなされ、ともに


泣き笑いつつ、何かをなしていく。


 


自分の評価は、自分だけのものと思ってはないか。


そうではない、と思う。


 


自分の評価は、誰かさんのものでもある。


取り組んでいる何か、よりも、あなたそのものへの


 


ちゃんとした評価がそこにあるのだ。


ありがたく受け取らねばならないと、心より思う。


 


 


新しい取り組みは、木々の節のごとし。


節のない樹は無い。


 


木は、太陽の恵みを求めて、枝を伸ばし、


ダメなら自ら枯らし、そしてまた次の枝を伸ばす。


 


樹を見て、枝を見て、いい枝ぶりだなあと思う。


節の多さをみて、苦労をしる。


 


大きく、太く、たくましく、雄々しい大樹ともならば、


その節さえも、神々しくみえてくる。


 


 


節は、作るもの、というよりできるものだろうが、


その節をつくってくれた誰かに感謝したい。


 


年をふると、そうした節も、傷も、シミさえも、


すべてがいとおしいのだから。


 


記:とらのこども


 


b0314227_2152271.jpg


 


b0314227_2152362.jpg
 


 


[PR]

by toranokodomo | 2012-07-15 17:53 | 指定なし  

休日ネットサーフィン:「ユーロ危機、アメロ、そして日本経済は?」

「虚空と君のあいだに」より転載http://www.mkmogura.com/blog/2012/02/07/1047


まず、ユーロ安=欧州崩壊というのは、単純には、ありえない。

今、この社会で困ってる状況を作っているのは、「ドルという膨らませすぎた風船」=基軸通貨が基本であるからね。

 

この世界全体という社会全体において、「ユーロという風船は割れる状況はありえるのか?」と考えた場合、「あるよ」という答えになるのは、間違いない。

しかし、「ユーロ自体は別に今のドルに比べて大量に風船を膨らませたわけではない」ということ。

 

その意味でユーロ危機というものはたいしたことない。

「ユーロ単体」という風船だけで見ることができるのならね。

 

しかし、重要なこととして、ユーロという風船の目的、CO2詐欺、炭素本位制の通貨という次世代の基軸通貨モデルとしての将来性は、すでに崩れたと言ってもいいだろう。

311以降のその議定書を出した議長国が、掌を返したという笑える行為と、アメリカというジャイアンの完全拒否の方針によってね。

その意味で、ユーロという風船の意義自体が失われ、割れやすい状況にはなっている。

 

そして、ドルとユーロを区分けして見てていいのかは疑問が残る。

 

これは、膨らませすぎたドルからなのか、割れやすくなったユーロなのか、それともロックフェラー系のアメリカの新聞WSJの予告どおり、貿易赤字に転落した日本の終焉からなのか。

誘爆したら同じだからだ。

きっかけ、発端は重要ではない。

そして今のままでは、全部連鎖すると自分は思っている。

 

一見、矛盾しているように聞こえるが、ドルという風船が割れること、ドル崩壊をアメリカという国は望んではない。しかし、もう、この膨らませすぎたたくさんの風船は「割る以外での解決の方法はない」ということでもある。資本主義と同じように。

 

割りたくないけど、割るしかない。

チャラにするしかない。

それ以上を理解する上で大事なのは、所詮は、「風船=信用であるということ」。


つまり、株式でいうなら風船の対価で、企業という実物をユダヤ様が買い占めるように、TPPなどのように実際の物質的な支配を強化していくという方針になるわけね。

その前か後になるかはわからないが、国どおしで、この風船を押し付けるゲーム、国と国とが債権回収をするという「戦争」という風船のお決まりのゲームがあるのは間違いないわけだけどね。

 

ただ、アメリカが、「欧州に何を望んでいるか?」を考えのは必要である。

ここは皆、あまり明確な答えを意識できずにいるところじゃないかな?

 

欧州がやれることは、なんなのか?ってのもある。

今のユーロ危機の演出という意味の理由を考えるなら、アメリカはドルを連鎖して割りたくない、でも割るしかない以上「生まれ変わったドルになっても基軸通貨でいさせてね」という、どこかの演歌にありそうなメッセージを欧州に送っているだけである。

 

 

さて、今年何が起きるかの話をしよう。

 

ドルの風船が割れる、アメリカ自ら「割りたい」というか、作り変えるのだろう。

つまり新通貨発行は今年の秋9月かもと、自分は思っている。

その根拠として、「基軸通貨を維持したい」というのは、アメロ発行の直前アナウンスとも言えそうな種類のものの行為でもあるからね。

 

そして、もちろん現物支配の強化は並列させるので、その意味からも石油支配を強化させるためにイランと戦争は回避できないんじゃないかな?

イランは、反CIAでやっていけた戦争させにくい部類の国なんだけど。

 

ただ、アメリカの新通貨発行には含みもあると自分は思っている。

「アメロをユーロ圏で強制させる」という、本当の意味での基軸通貨、ロスチャ欧州への完全反逆という行為、この可能性もあるからだ。

もし、これにつながるような事態へとなるのなら、今年ではなく数年後に新通貨発行、そして今年は予想以上の大規模な戦争に繋がる年になる。

 

中国で原発を作るGS、この発電所にはスマートグリットの延長、超長距離の時差発電という進歩主義の産物であり、「中国の原発と欧州を繋ぐという構想がある以上、原子力の大惨事はロス茶はしたくない」と以前、説明した。【20091031】

 

それなのに、311というものが起きて、世界中の原子力政策を転進させた。

 

311はそれほどの反逆であるわけね。

原子力利権のロスチャに対して、石油屋ロックフェラーの。だから、そのアメロで欧州支配、その可能性もなくはない。

 

このロスチャと原子力に対する考えは、自分は今も変わっていない。

放射性物質だだ漏れなんて、後遺症が残る不細工な手法は、ロックフェラーだからであって、昔のロスチャなら、こんな反逆も許さなかっただろう。

本当の支配者だったら、もっとさっぱりとした手法を使う。

力というものは、そういうものだ。

人類史より長い間残る放射性物質をばら撒くなんて、支配する側としても馬鹿のやることだ。

 

ロスチャも大戦から半世紀以上、後継ぎは血縁のボンボンばかりだから、こんな反原子力をさせても、反撃も出来ない。

逆に、石油と戦争屋のロックフェラーは、力と経済の本質さえ見えず、こんな不細工な手法をして、今現在も、日本で「欧州への脅し」を実演させて見せているわけ。

 

 

さて、ドルというアメリカは、他の基軸通貨を生み出さないようにしながら「自分の風船割っていく段階」に、ならなきゃならない。

その整理の中で「新通貨の発行」もありえるんじゃないか、というか、その手法しかないんじゃないかってこと。

そして、欧州は、今までのドル体制以上のアメリカ支配の強制を許すか?対立するか?で、大きく変わってくるのだということ。

 

その脅しの演出に利用させられている日本は、それによって「何が起きるか」が変わる。

過激であれば勝てると思ってるアメリカに「欧州がどうするか?」でね。

 

 

それが、今年の話。

 

 

日本は、たぶん脅しに使われるのは間違いなさそうなので、「同じ手法だとマンネリする」という意味もあわせて、「次の脅しがもしあるのなら、たぶん飛行機のからんだやつ」と、自分は予想するよ。

 

今年は飛行機に気をつけよう!!

 

(中略) 

 


 あ、今、日本で行われている増税というデフレ推進は、個人には「風船に触らせない」という意味もある。

デフレを推進すればハイパーインフレという、信用崩壊は後伸ばしが出来る。

そういう意味でもある。「・・・だから円を通貨発行して悪いことができる。」というオマケもつくけど。

 

信用崩壊の延命策。

しかしアメリカが実際にアクションを起こすとなると、それは「日本には」必ず誘爆する。

アメロなり、計画的にアメリカが貯まった風船を整理していくという手法を取るとしてもね。

 

つまり、以前からあげていた「2012年、今年度以内の日本経済の崩壊の露呈=あきらめ」は十二分にあると思う。

別に株価の暴落はなくても十分あるよ。

風船という「信用という空気」を壊さず、TPPと同じように「物質支配」の方式の強化、つまり日本をお買い上げするために、株価はむしろ一番最後に落とすかもよ?

 

それは、株価は維持されるけど、朝起きたら物価が数倍になってるとかね。

そういう状況はいつ生まれるのかも考えておくといいかもしれない。

 

 

日本経済の崩壊の露呈。

 

長年の野党から政権交代したら、政権交代前までのライバル政党についての責任を一切無視して、がんばる一番のことが「増税」である。

これを不思議に思わない人間のほうが多いらしいので(ぉぃ)、正直、「ゆでがえる」という比喩があるが、日本人をカエルに例えるのは、カエルに失礼だとさえ思い始めた今日この頃である。

 

いい加減、借金=積もった信用は崩すしかないというのは、誰もが気づきそうなもんだが。

いや、みな気づいてるのに何も「しない」、「させない」だけか。

ドルと連鎖して、誘爆「する」「させられる」、そして、そこらへんの話は、そういうサジ加減だけの話である。覚悟はしておけ。

 

露呈という行為についも「する」「させない」だけというお話。

どこまで行っても、サジ加減。

 

 

本気でそろそろ、毎日、貯金から1円玉にして、アルミで保管をしといたほうがいいかもね?


「虚空と君のあいだに」より転載http://www.mkmogura.com/blog/2012/02/07/1047


[PR]

by toranokodomo | 2012-07-15 09:10 | 指定なし  

「非常に厳しい韓国の給与実態」

我が国サラリーマンの半数、月給平均が…'ショック' 


【朝鮮日報】

http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2012/06/05/2012060500247.html


http://image.chosun.com/sitedata/image/201206/05/2012060500244_0.jpg



本紙、労働者1731万人分析…14%が月給100万ウォン下回る。


40.4%が月給100万ウォンから200万ウォン 。


 


約55%の労働者は、月給200万ウォン未満(日本円:約14万円)


これは、、、、相当に厳しい。。。。


 


韓国で働いて、良い給与と良い仕事をと思っている日本人の


若者は、今なお少なくないと思うが、実情は甘くない。


 


日本人で、現地での年収1億ウォンの人もいるにはいるが、


若者が現地で就職して、そうなることはまず無いだろう。


 


記:とらのこども


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2012-07-14 11:46 | 指定なし  

表に出ない経済指標

世界各国のGDPは、ネットでたたけばすぐにわかる。


上場企業の株主も、ネットですぐにわかる。


 


でも、世界各国のGDP支配率みたいな経済指標は、


ネットでたたいても出てはこない。


 


会社での持ち株の比率により、会社の支配は決まる。


当然のことだ。拒否権も同じだ。


 


石油だけを見ても、業界全体の支配権の争いこそが


大きな利益の根源だろうから、


 


世界各国のさまざまな利権の、経済支配はどうなって


いるのか、それぞれの有力企業・支配権がどうなって


いるのか、、、


 


そういう表に出ない経済指標を、


日本の若い人は注意して、全体把握をして欲しい。


 


記:とらのこども


 


b0314227_2151072.jpg


 


 


深く付き合えばわかること。


世界のどの国の人も、日本のようになりたいと心から


思っていること。それは希望、憧憬、未来、&理想だ。


 


ぜひとも、日本企業の株式を買いましょう。インフレ等


どんなひどい経済状況になっても変わらないこと、それは


「所有権」。現金、預金、債権等が紙くずになったとしても


 


生き残る企業は、かならず生き残ります。


豊かな大地に咲く花は、経済においては企業に他ならぬ。


「株式」こそは、大変動後に大きな価値があるべし。


[PR]

by toranokodomo | 2012-07-14 06:47 | 指定なし  

「時空の旅人」

旅は道連れ、世は情け



言うまでも無く、誰もが「今という時空」の旅人だ。

わたしたちには、乗り物はしかと目に見えぬ。



それを見ることのできる視点があったなら、

大きい鯨のように見えるかも。



豪華客船に見えるかも。



まあ、それは関係ない。

わたしたちは、その船のなかでは細菌ほどの大きさ。



b0314227_215572.jpeg




さて、最近の半年間、

船の速度が非常に増してきている感じがするんです。



1日は24時間、

1週間は7日間あるはずなのに、どうも短い。。。



たぶん、時計の速度があがってて、

1時間が50分とかしかないみたいに思います。



皆さん、いかがでしょう?

そんな気がしませんか??



わたしたちを乗せた客船は、速度を上げどこへ行く。



記:とらのこども@再掲シリーズ





ps 英語で四六時中っていうのは、247♪

   24時間7日間。例文:「I LOVE YOU,247!!」

   「PLS STAY WITH ME,247...」

 


[PR]

by toranokodomo | 2012-07-13 20:36 | 指定なし  

もうすぐオリンピック!!

もうすぐオリンピックだ。


世界の目が、オリンピックにくぎ付けになる。


 


そういうときに、何かが起きるものだ。


いや、もうそれは始まっているんだろうと思う。


 


もうすぐオリンピック。


その裏で起きるできごとに、注意をしましょう。


 


この世界が変わってしまうような、


何かしら、大きいできごとが起きそうな予感。。


 


杞憂であってほしいと願っています。


もうすぐオリンピック。


 


世界の平和を祈る。


 


記:とらのこども


 


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2012-07-10 07:26 | 指定なし  

なんとなく思うこと。。。

野田総理が中共と約束したこと。


 


1 中国国債を買います。


 (これは、米国債を買うことを控えることとセットになる)


 


2 日本円と中国人民元の直接為替の開始


 (これはドル経由を止めるという意味になる)


 


なんとなく、このまま、ただでは済まないような気がする。


 


かつてイラクが原油を売るのに、ドル建てを止めて、


ユーロ建てに変更したのと同じ感じがする。


 


上記の決定に、与野党の同意があったのだろうか、


アメリカの事前合意があったのだろうか。


 


もくもくと、悪い予感がするのは私だけではないだろう。


何かをすれば、何かが起きる。


 


世の中とは、そういうものだ。


 


記;;とらのこども


 


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2012-07-09 21:19 | 指定なし  

「初対面」

今晩のお月様は、梅雨のあけけ間のひとときに


ほぼ満月のきれいなお月様です。


 


いつも知っている「お月様」。。。のはずなのに、


久しぶりに見ると、まるで初対面のような気分。


 


さてさて、本当の初対面。


とはいえ、以前からいっぱいお世話になってる。


 


そういう人との出会いは、僅かな時間でずっと


以前から知っていたような錯覚があります。


 


慣れ慣れ過ぎてないだろうか、


そよそよ過ぎてはいないだろうか、などと思うと、


 


どうも緊張してしまいます。


 


いつも知っている「お月様」。


今日は、沼津から大阪までお越しです。


 


そんな出会いは、昨日の夜のこと。


お月さんを見上げつつ、


 


今さらながら、「どうもこんばんは!」と挨拶の


練習をしたりして、、、おかしい私です。


 


いつも本当にありがとうございます!!


そういう気持ちは、伝わったかしらん!?


 


記:とらのこども


 


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2012-07-02 21:06 | 指定なし  

言の葉(アイヌ語にみる原意)

日本語というより、やまとことばには、一語一語に大元の原意みたいなものがあるようです。

ふだん、それは意識していないけど、 無意識のうちにそれはみんな分かっている。



たとえば、「か」。 髪(かみ)、冠(かんむり)、簪(かんざし)、川(かわ)、傘(かさ)などなど。

「か」の原意は、上のほうという意味だ。



たとえば、「ま」。 島(しま)、山(やま)、浜(はま)。他には、馬(うま)、熊(くま)などがあり、

「ま」の原意は、小さい場所という意味だ。



何百年ではなく、おそらくは何千年も、綿々とつづく「言の葉」といっていいものだろうと思う。

世界広しといえど、数千年も続く言葉を今に伝える民族は、ほとんどない。



日本は、そういう意味で本当にしあわせだと思う。

万葉集の時代の言葉や詩歌で、その時代の言葉のままでわかるのは、日本だけだろう。



そして、その「やまとことば」は、お母さんからこどもへ。。。

そしてまた、お母さんからこどもへと、続いていく。



ぜひとも、ずーっとつないで欲しいものだ。



記:とらのこども


 


b0314227_1954245.jpg


梅原猛、中上健次「君は弥生人か縄文人か」より


 


[PR]

by toranokodomo | 2012-07-01 06:58 | 指定なし