<   2011年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

 

日本神話 その8 三種の神器

アマテラスもあまりのスサノオの狼藉に、天の石戸(いわと)

へ隠れてしまう。そうすると高天原も地上の葦原中国(あし

はらなかつくに)も真っ暗になり、夜の闇が明けなくなった。



そればかりか、あらゆるわざわいがおこってしまうという事

態になった。困った神々は集まり、タカミムスヒの子である

智恵の神であるオモイカネに良い案を考えさせた。



そこでまず常世の長鳴鳥(とこよのながなきどり)という鶏

に鳴かせ、そしてイシコリドメには鏡を作らせ、タマノオヤ

に勾玉(まがたま)を作らせ、アメノコヤネとフトダマには

占いをさせた。



次にそれらを飾りつけ、アメノコヤネが祝詞を読み、アメノ

タジカラオが石戸の陰に隠れて立つと、アメノウズメという

女神が桶を踏み鳴らしながら、胸もあらわに踊り始めた。



するとすべての神が笑い出したので、石戸の中のアマテラス

が「何が起こったのだろう」と思い、石戸をほんの少し開け、

「私がこもっているので真っ暗のはずなのに、なぜアメノウ

ズメが踊り神々が笑っているのか」と尋ねた。



アメノウズメが「あなたより尊い神が現れたので、皆で笑っ

て遊んでいたのです」と答えアヤノコヤネとフトダマが鏡を

アマテラスに見せた。



鏡の中に自分の姿をみて不思議に思って、もう少し戸から出

ようとしたところでアメノタジカラオはアマテラスの手を取

り外へ引き出した。



すると真っ暗だった高天原も葦原中国も明るくなった。



これらの神はホノニニギが下るときに一緒に下る神である。

そしてそれらの神は、いずれも朝廷の中で祭祀の分野で活躍

する氏族の祖になっている。



たとえば、アメノコヤネは中臣氏の祖、イシコリドメは鏡作

連(かがみつくりのむらじ)の祖、フトダマは忌部氏(いん

べ)の祖といったようにである。



またアマテラスを石戸から出すために作られた、鏡や勾玉も

ホノニニギが葦原中国に下るときに草薙の剣と一緒にくださ

れ、それが天皇家に伝わる最も重要な宝「三種の神器」とな

るのである。


 


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2011-07-16 21:40 | 日本の歴史  

日本神話 その7 罪の原型

スサノオの罪は日本人の罪の観念の元となっている



日本人はかつて、日ごろそれとは気付かずに犯して

しまった罪や、身についた穢(けがれ)を取り除く

「大祓」(おおはらえ)という儀式を六月と十二月

の最後の日に行っていた。



その際に唱える祝詞(のりと)の中で、取り払わな

ければいけない罪は、天つ罪と国つ罪であるとされ

ている。



天つ罪には畦(あぜ)を壊すこと、溝を埋めること、

水路を壊すこと、人の田に棒を刺して奪うこと、

汚い物をまきちらすこと、馬の皮を生きたまま剥が

すことなどが含まれる。



国つ罪には、近親相カンや鳥や虫の災害などが挙げ

られている。



これらの罪のうち、天つ罪に含まれているものは、

高天原でのスサノオの乱暴と一致しており、スサノ

オの行いが罪の原型となっていることがわかる。


 


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2011-07-16 20:39 | 日本の歴史  

日本神話 その6 スサノオ

スサノオの不思議な占い   「スサノオの狼藉と罪」  



高天原にはアマテラスを中心にたくさんの神々が住んでいた。





ある日そこに海を治めるはずのスサノオがやってくる。アマテラスは、


「弟スサノオは、自分の国を奪いにくるに違いない」と思い、戦う姿に


なってスサノオを迎えた。





そして「どうして高天原に来たのか」と尋ねると、


スサノオは「私によこしまな心はない。





母の国に行きたいと父にいったら、この国を出て行けというので、


姉に報告に来ただけだ」と答えた。





偽りがないことを証明するために、スサノオは「誓約をして子を産み


ましょう」と提案する。





二人で天安河(あめのやすかわ)を挟んで誓約をすることになった。


まずアマテラスが三人の女神を生む。





(タギリビメ、イチキシマヒメ、タギツヒメ)である。





スサノオは五人の男の神が誕生した。


(アメノオシホミミ、アメノホヒ、アマツヒコネ、イクツヒコネ、クマノクスヒ)


である。





スサノオは「私の心が正しいから、私の勝ちだ」


そういって今度は高天原で乱暴を始めた。





誓約(うけい)とは物事の吉凶や真偽を知るために行われる、一種の


占いである。





この誓約でよって生まれた三人の女神は宗像(むなかた)三女神と


呼ばれる。宗像三女神を祀る福岡県の宗像大社は、沖津宮にタギリ


ヒメを、中津宮にイチキシシマヒメを、辺津宮にタギツヒメを祀っているが、





なかでも沖津宮のある沖ノ島の祭祀遺跡は「海の正倉院」と呼ばれ


るほど豪華な出土品が見つかっている。また広島県の厳島神社も


イチキシマヒメを主祭神として宗像三女神を祀っている。





同じく誓約で誕生した男神の方は、アマテラスの子とされた。





そのうちアメノオシホミミは後に、地上に下るホノニニギの父になる神で


あるから、アマテラスは男女の交わりを持たずに、子を持ち、天皇家の


祖先神になったということになる。


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2011-07-16 19:38 | 日本の歴史  

日本神話 その5 アマテラスの誕生

イザナギの左目から誕生したアマテラス  



アマテラス大神は、日本の神話の中でもっとも尊い神で、

天皇家の祖先神であり、伊勢神宮の祭神でもある。



イザナギはイザナミの死後、禊ぎをしていると、水中で

三神が生まれた。(ソコツツノオ、ナカツツノオ、ウワ

ツツノオ)である。



この三柱は住吉の神と呼ばれ、航海の神として大阪住吉

大社の祭神になっている。禊ぎの最後に左目を洗うと、

アマテラスが誕生した。



同じように右目からは月読命(ツクヨミ)が、鼻からは

スサノオが誕生した。



イザナギはこの三柱の神の誕生を、「尊い神を得た」と

いって喜び、アマテラスには高天原を、ツクヨミを夜の

国を、スサノオには海原をあ治めるように命じた。



イザナギはこれらの神を誕生させることで、

この世の昼と夜の区別をつけ、それぞれの支配者を定めた。


[PR]

by toranokodomo | 2011-07-16 12:38 | 日本の歴史  

日本神話 その4 (死者の世界)

イザナギはどうしてもイザナミを忘れられず、

イザナミがいる黄泉の国(死者の世界)へ向かった。



黄泉の国の入り口でイザナミに、一緒に帰ることを

懇願するが黄泉の国の神に相談する間、



決してイザナミを見ないと言う約束を、イザナギは

破ってしまう。



そこには生前の姿と違うイザナミを見てイザナギは

驚き逃げ出すのである。



恥をかかされたイザナミは後を追うが、黄泉の国の

入り口を大きな石でふさいでしまった。



その岩をはさんでイザナミとイザナギの問答がある。



イザナミは「私はこの国の人間を一日に千人殺しま

しょう」と言い、



イザナギは「一日に千五百の産屋を建ててみせよう」

と言い返すのである。



この話は、あらゆる物の母である女神の死後の姿を

語るものであると同時に、人間の死の起源を語り、

人口の増加を説明する神話でもある。



人間が死ななければいけなくなったのは、実は夫婦

喧嘩で定められたことである、



というのは意外な気がするのである。



またギリシア神話にも同じような話がある。
entryBottom


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2011-07-16 10:35 | 日本の歴史  

日本神話 その3(大八島)

イザナギ、イザナミの二人から

淡路島、四国、九州、本州など八つの島が生まれた。



それで、日本の別名を大八島という。



次に神を生むことにした。海の神、山の神、河の神、

風の神、木の神などさまざまな神々を生み出したが、

最後にイザナミは火の神(カグツチ)を生んだため、

体を焼かれてしまう。



イザナミの死を悲しんだイザナギはカグツチのクビ

を切リ殺してしまう。



刀に付いた血から、また雷神が生まれた。

タケミカヅチという。


[PR]

by toranokodomo | 2011-07-16 08:34 | 日本の歴史  

日本神話 その2 (創造する神々)

創造する神々 大八嶋や多くの神々を生んだイザナギ、イザナミの神話



この世の始まり  天と地がはじめてわかれたとき天の高天原というところに、


天之御中主神(アメノミナカヌシ)が現れた。




 


その次に高御産巣日神(タカミムスヒ)、神産巣日神(カムムスヒ)が現れた。




 


この三柱の神はそのまま姿を隠してしまった。その後もつぎつぎに神が出現


したが、みな姿を隠してしまった。最後に、イザナギの神とイザナミの神という


はじめて男女の区別がはっきりとした神が出現する。




 


この二人の神に、天の神は矛を渡し、「この国をしっかりと作り上げなさい」と


命じた。二人が「天の浮橋」から矛を下ろして海をかき回し、その矛を引き上げ


ると、矛から塩がしたたり落ち、その塩が積もって(オノゴロジマ)となった。




 


そこで二人はその島に下り、柱を立て、家を建てた。


二人は相談し、男女の交わりをして国土を生み出すことにした。

 


[PR]

by toranokodomo | 2011-07-16 06:32 | 日本の歴史  

日本神話 その1

人類はどのようにして誕生したのか。





なぜ人は死ななければいけないのか。





自分たちの住むこの世界はどのようにして出来あがったのか。


神話は口承によって伝わる、


 


つまり文字化されていないものがあるが、


ある時期に編纂され、書物として残されたものもある。





日本神話は、八世紀という段階で文字化されていた。


 


そこにはさまざまな神が登場し、この世の誕生や、死の起源、


太陽や月の誕生などが語られている。





この神話を読むことで、日本人たちの住む世界をどのように


捉えていたかを知ることが出来る。





日本神話とは、一般的には『古事記』(712年成立)、


『日本書記』(720年成立)


 


の神々の時代―神代(かみよ)のことをいう。


 


記:とらのこども


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2011-07-15 21:31 | 日本の歴史  

管直人 頑張れ!!

(宮崎正弘のコメント)福島以後、なにが変わったか。一番だいそれた

変革は日本人の思想でしょう。ちょうど1755年リスボン地震以後、

カントやヴォルテーヌがキリスト教への不信を言い出したように。



日本人の意識が戦後レジームから脱却を求める。自立の思想へ向かいだ

したという気配濃厚です。いま国民の大半が菅直人に呆れかえっている

のは、彼が戦後民主主義の一番醜悪なところを日々、目の前で体現して

いるからでしょう。

 


 


管直人、頑張れ!!


日本の最低、最悪の政治を国民に見せるのが使命だ。


もっともっと頑張って欲しいです。


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2011-07-14 23:14 | 政治  

「日本の神話のお話し」

天地が造られようとしていたとき、地はまだ混沌としていた。




 


それで天の神々一同は、男神イザナギと女神イザナミに対し、


「この漂っている国土をよく整えて、造り固めよ」と述べる。




 


こうして遣わされたイザナギとイザナミは、


天界に浮かぶ橋の上に立ち、神聖な矛を手に持って、


それをさし下ろして地上界をかき回した。




 


そして矛を引き上げようとするとき、矛の先からしたたり落ちる


湖水が「オノゴロ島」と呼ばれる島を形成したという。




 


彼ら二神は、その島に降り、そこに天的な柱を立てた。




 


また「八尋殿」(やひろどの)と呼ばれる大きな宮殿を建て、


イザナギはイザナミに求婚する。




 


彼らの結婚式は、その柱のまわりを回るという儀式だった。


イザナギは柱を左から回り、イザナミは右から回った。




 


両者が出合ったとき「アナニヤシ」と言ったという。


そして二神は結婚した。   






 


この中には重要なメッセージが沢山入っているが、その中でも


難解なのは「アナニヤシ」とは何か?である。




 


日本語では意味は分からない。


実はこれはヘブライ語で「私は結婚します」 と言う意味である。




 


日本神話の世界にもへブライ語が登場するのである。


そして柱を回るというのは、古代イスラエル、および現代ユダヤ


人の間で、結婚式では花嫁が立っている花婿のまわりを回る


習慣がある。




 


これは聖書の中に出てくる「天の柱」に見立てての話である。


 


記:とらのこども


 


 


entryBottom


[PR]

by toranokodomo | 2011-07-14 23:06 | 日本の歴史