カテゴリ:コラム( 105 )

 

人はどうして旅に出る

人は旅に出る。

会社との往復も、学校との往復も旅と同じこと。



休日にどこかへ出かけるのもそう。

どうして、同じところにじっとしていないのか。



おそらくは、じっとできないのだろう。

旅立つことをどこかに運命付けられた。



東の果てに、きっとある素晴らしい土地を求め、

東へ東へ行く人あれば、



西のほうへ、南のほうへ行く者もまたある。



人生の旅路が尽きる前に、

とにかくも、新天地を求めて旅立たねばならぬ。



家を出ない若者が多いこの頃。

人類というものが寿命を迎えているのかと思う。



常識的に、花を咲かせない草木や、

交尾をしない動物たち、昆虫たちに未来はない。



とらのこども
entryBottom


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2013-08-20 06:43 | コラム  

「祈る、祈る、祈る」

祈ると、その思念はシナプスの化学結合を通して、


ある種の思念波(物理量)になるんではないか。


 


祈ると、その思念波は形があるんだから、他人の


思念波のうち、重合し、共鳴する波があるんじゃ?


 


もしハーモニー、そしてシンフォニーへとなるならば


 


それは、祈りを通じてこの世を動かす


 


大きな津波となって、


わたしたちを覆い尽くすことだろう。


 


もちろん、金が欲しい、何をしてもいい、そういった


悪魔に心を売ってしまった者共の願いも、


 


また大きな津波になって、


わたしたちを覆い尽くそうとしている。


 


結局、ひとりひとりが闘うほかはない。


皆さん、応援しています。頑張ってくださいませ。


 


記:とらのこども


 


 


  小生も帰省の折に、出雲に行きたいと思っています。


  もし皆様も、どこか神社へ寄れるなら、ほんの少しの


  時間。じっと手を合わすのも一興と存じます。


 


  きっとなにをか感じます。。。


 


b0314227_2252053.jpg


 


PHOTO:画像ランキングより


http://tumblrport.com/jp/articlelist.php?format=photo&mode=rank


[PR]

by toranokodomo | 2013-08-11 22:26 | コラム  

休日の醍醐味~!

休日の醍醐味といえば、なんといっても昼寝だろう。


こんな高尚で、こんな贅沢な時間はあるまい。


 


和室の障子をあけて、空気の通り道をつくっておき、


無圧ふとんに寝ゴザをひいて、


 


まくらには、タオルに巻いたアイスノンをセット。


タオルケットをお腹にかけて、足を畳に投げ出して、


 


アイスノンの冷たさに、心もからだもゆだねきって、


うつらうつらと、夢のなかへ。。。


 


すこし寝汗をかいて、ズーンと重くなった頭。


ちからの抜けきったからだで、寝間から起きだすと、


 


ああ、昼寝していたのかと、


ようよう、現実の世界へ戻ってくる。


 


その、夢のせかいから、現実の世界へもどってくる


その数分間の時間がなんとも不思議で、


 


いとおしい感じがするのです。


 


ずーん、じーん、


ほわんほわん、みゅーん、、、


 


そんな感じかなあ。


 


記:とらのこども


 


b0314227_2251880.jpg


[PR]

by toranokodomo | 2013-08-03 15:04 | コラム  

意味のないことの意味

毎日毎日、頑張っている人がたくさんいる。

その反面、「やる気」が起きないと嘆く人がたくさんいる。



話しを聞いてみると、

こんなに頑張っているのに、評価されないと言う。



評価を求めて頑張ると、報われないことが少なくない。

評価を求めるという意味において、意味の無いことが多くある。



では、その意味のないことは、意味が無いのか?

そうではないと思う。



そもそも私たちは、常に意味を求めすぎてはいないだろうか。



その行為が評価されるという意味。



何かに役立ち、たとえば資格を取るというような意味。



健康にいい、、、などという意味。



評価という他人様からの意味だけを求めずに、

思わず努力したくなることに精進してはどうなんだろうか。



意味は後からついてくる。



生きていること自体、たいして意味はないのだ。

いや、生きていること自体が、意味なんだろう。



他人様の評価や、お金のためにという意味を求めない

数々のことが、実は今の自分をこそ創っている。



そう言ってなぐさめた。



以上は、一日一粒/心のサプリ 海原純子さんより
entryBottom


[PR]

by toranokodomo | 2013-07-18 17:52 | コラム  

「七夕の願い」

七夕の願いにふさわしいのは、恋の願いだろう。


思い人の幸せを、こころから願いたい。


 


健やかにあって欲しいと願う。


 


それは、妹(いも)への願いだろうと思うけれども


ひとによれば、別の大切なひとかもしれない。


 


それもまた、天のかみさまはお許しになるだろう。


大切な人は、たくさんあるものだから。


 


ちなみに万葉かなでは、恋という文字は、


孤独な悲しみ・孤悲(こい)という字をあてている。


 


七夕の願い。


現代の願い、万葉の思い、人類の歴史。


 


ひとの思いはきっと、ずっとずっと同じ。


 


七夕の願いを天へ届けましょう。


 


記:とらのこども


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2013-07-07 16:57 | コラム  

あなたは、心の中を見られている

あいさつは

自分があいさつをしたい人に

気持ちを届けるのみならず、



自分がどういう人間か、

人にどう序列をつけているかまで、

周りから同時に瞬時に観察され、

それが露呈する。



(日経BPサイト、遙洋子)



自分が見透かされているようで、

ちょっと恥ずかしくなる言葉だ。



まったく、

この通りだと思う。



わたしは高校生の頃に、

スーパーの魚屋さんで

元気なあいさつを身につけてから、

自分のあいさつはいいはずだ、

とおごっていたけれど、



もしかしたら、

最近はそうでもないかもな、

という気がする。



遙洋子さんの次の言葉も、

身にしみる。



「あいさつというものは面白い。

 相手を見下せば見下したように、

 媚びれば媚びるように、

 全身でそれを表現してしまいかねない。」



全身で、自分を表している。



顔見知りであろうがなかろうが、

その日初めて会った時に交わすのが

あいさつというもの。



これに、

相手への思いが表れるのは、

たしかに当然のこと。



あいさつされて当たり前、

と思うほどにはなっていないけど、

時々あいさつが面倒だと思うのは、

黄色信号だな。



アルバイト高校生の気持ちに返って、

あいさつをしたいものです。



今日も、見てくださって、

本当に、ありがとうございます!!



以上は、「いい言葉ねっと」 から転載したものです。

はっとする言葉がいっぱい。とらのこどものお勧めです。ぜひご覧ください。

http://www.e-kotoba.net/cgi-bin/magbbs.cgi#5333



参考:いいとこどりの女 (遙 洋子)

http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/3145598/s/~6b19cf0ce

entryBottom


[PR]

by toranokodomo | 2013-06-28 17:36 | コラム  

もし、生まれかわるなら?

もし生まれ変わるなら何に生まれ変わりたいですか? 

人間?、犬?、猫? それとも。。。 



すっごい美人に生まれ変わりたい人の話しを聞いたことがある。 

お酒の席だったけど、そのとき近くの女性が、 



「大変ですよ~、お勧めしないけどなあ。」と言った。 



そうか、大変か!、そうかもな、という話しになった。 



汚れた人間世界に生まれ変わりたくない、という奴もいた。 

やっぱり人間がいい、という奴もいた。 



私は、鳥やとんぼにも興味があり、美しい女性にも興味がある。 

でもやっぱり、私はまた私になりたい。 



記:とらのこども


 


b0314227_225854.jpg


 


 


学校のとある後輩いわく、


私は鳥になって自由に空を飛びたいと思ったことがありましたよ

b0314227_225838.gif
 

また、人間としての記憶を持ったまま競走馬に生まれ変わったら、


頭を使ってレースできるのかなと想像をしたこともありました。 



でも、やっぱりどこかで(生まれ変わって姿形が変わったとしても)


今の家族に巡り合いたいと思います。」


 


そうかー、そうやんなー!!と、乾杯!!


わたしもまた、捜し求めて、今の家族にめぐり合いたいです。 


 


それにしても、うまい酒やったーー。


 


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2013-06-24 17:50 | コラム  

もっともっともっと!

もう少し、遊びたい。

もう少し、いい生活がしたい。



もう少し、楽をしたい。

もう少し、素敵な恋をしてみたい。



みんな、そう思っている。

もう少し、もう少し。



もっともっともっとって。



そのために、どうすればいいかは本当はわかってる。



だから、明日からそうしよう。

きっと、手が届くはず。



記:とらのこども


 


b0314227_225668.gif


[PR]

by toranokodomo | 2013-06-17 17:35 | コラム  

ちょこっと電話、ちょこっとお出かけなど。。。

ちょこっと、お出かけする。 

たまにはね、いつもと違う道を通ってみる。 



ちょこっと、電話してみる。 

久しぶりの声。聞くだけでうれしくなった。 



ちょこっと、お楽しみ会を準備する。 

数年ぶりの友人を誘ってみる。 

韓国での知人を誘ってみる。 

ブログ友を誘ってみる。 



来週の金曜日が楽しみな私です。 



考えているだけでは、新しい展開はないもの。 

分かっているだけじゃ、始まらない。 



叩けよ、さらば開かれん!! 



最初に叩くのは、自分のこころ。 

やさしく、さするように、叩いてみましょう。 



元気かって。。。 



記:とらのこども 


[PR]

by toranokodomo | 2013-06-14 17:27 | コラム  

幸せを数えましょう

自分自身に、自分の家族に、自分の属しているコミュニティに、 

数えてみれば、喜ばしいことってずいぶんあるものです。 



いかがでしょう。ちゃんと知ってますか? 



ちゃんと意識してないと、案外、知らないものです。 

知らず知らずのうちに、流しているんですね。 



例えば、子どもの学校にテニスコートが増面されたとき、 

それをちゃあんと知っている保護者がどれだけいるか。。。 



お父さんの家族旅行計画、会社の福利厚生など。 

いかがでしょう?ご存知ですか? 





ほんとは、小さなことでいいんです。 



小さなハッピーなことが、心のなかにつまっていると、それでいいんです。 

黒い衣装を着たちっちゃい悪魔が、心のなかに入れないぞ!とじたばたします。 





今朝は爽やかな太陽を見たなとか、 



地下鉄でおばあさんの荷物を持ってあげたとか、席を譲ったとか、 



電話で従兄弟の相談に乗ったとか、祖父母に写真と手紙を送ったとか、 



ひどかった花粉症が、あの病院の、あの薬でよくなったとか、 



困った誰かさんの依頼を、聞いて、即、解決したとか、 



なかなか作成できなかった品物ができた、資料が完成したとか、 



重い荷物をかみさんの代わりに持ったとか、 






ホントは、いっぱいあなたの周りに幸せがご~ろごろ。 

たまにでいいんです。ノートに書いてみましょう。 



幸せな気分になること、間違い無し。 

ゆめゆめ疑うことなかれ。ちちんぷいぷいっ!! 



記:とらのこども 


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2013-06-13 17:30 | コラム