金をくれ

かつて、母親に金をくれ!というのは、
心が痛かった。

よく憶えていないけれど、とても言いにくかった。

菓子を買いたいから、小遣いをくれ、

漫画を買いたいから、金をくれ、

参考書代をくれ、靴代をくれ。

当たり前だが、何十、何百回と言っただろう。
どうして言いにくかったか。。。

今の子供はどうか。
心のどっかに、痛さはあるだろうか。

金をくれ。

できるなら、そういう言葉は言いたくないものだ。

なぜかしら、心が痛むから。。。

記:とらのこども



[PR]

by toranokodomo | 2014-02-11 09:50 | コラム  

<< 「悲しい気持ち」 大人の条件 >>