幸せになる条件

「風の中の子供」などの童話作家として知られる坪田譲治(1890~1982)さんは、
中学入試で2回、高校入試で1回、大学の進級試験で3回、計6回も落第した

という。そんな坪田さんが、62歳の頃にこんなことを言っている。

「ユックリと勉強して、ユックリと恋愛して、ユックリと年をとっていく

ことである。人生の楽しみ、自ずからその中にありである」

また、日下公人さんも「幸せになるための4つの条件」を上げていた。


 1 そこそこ豊かであること
 2 自由な時間があること
 3 自分を発揮する場があること
 4 自分自身らしさがあること

それらを考えると、いまの教育環境は、

人工肥料ばかりのひよわな促成栽培ではないかと思ったりする。
あまり急いでいては、じっくり自分自身らしさをつくることはできないだろう。

 


受験勉強などにわずらわされることなく、「ユックリと勉強して、ユックリと
恋愛して、ユックリと年をとっていくこと」が出来る時代は、いつになったら
実現するのだろう。

 

とりあえず、親自身が、子供の幸せになる条件を損なわないように、

気をつけたいものと思います。

 

皆さまはいかがでしょう??

 

お子さんが幸せな顔をしていますでしょうか。

そうであれば重畳、きっと素晴らしい子育てをしていらっしゃる。


記:とらのこども


[PR]

by toranokodomo | 2014-02-02 21:34 | コラム  

<< 大人のバレンタイン あなたは守られている >>