「登山の極意」

初めての登山は、たぶん誰かさんのお導き。


ご縁があって初登山。縁をむすんでくれた人に感謝です。


 


2回目に同じ山に登るのは、たぶん自分の発意があった。


そういう発意がじぶんのなかに起きた奇跡に感謝です。


 


もし3回、4回、5回と同じ山に登るったなら、


たぶん、その山がそれほど魅力的な顔を持っていたから。


 


自分ときっと相性のいい山なんでしょう。


大事にしてください。友達にも紹介するともっといいかな?


 


もしも10回以上登る山ができたなら、それは信仰と同じ。


気づいているはずです。登るたびに願うなにかを。


 


b0314227_2152573.jpg


 


と、ここまで書いて、


「登山の極意」は、「異性とのご縁」に似ていると思った。


 


読み返してみると、ますます、われながらそう思う次第。


皆様、いかがでしょう???


 


お山にせよ、異性にせよ、


ご縁があるのはありがたい、ありがたい奇跡でしょうね。


 


じっと手をあわせる。


 


言葉はいらない、じっと手をあわせる心でお付き合いを


ぜひとも、どうぞ末永く。。。


 


記:とらのこども


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2013-11-17 17:14 | コラム  

<< 転法輪寺 柴灯護摩供(冬山安全祈願) 「藍より青し」 >>