「50代の皆様へ」

じいさんだけが幸せでは、会社も社会も幸福ではない。


若造だけが遊んでいて、それで万々歳でもない。


 


社会には、保守本流その中核というものがあるのだ。


それは、50代社員、40代の社員たちだろうと思う。


 


b0314227_2152243.jpg


 


40代の会社員というだけで、


わたしは心の中で最敬礼を送っている。偉いと思う。


 


ぜひとも重圧に耐え、立派な仕事を成し遂げて欲しい。


40代の皆さんの為、すべてのシステムがある。


 


そう思って過言ではない。実務こそ、重いのだ。


 


さらに、会社のなかで、家族のなかで、一族のなかで、


もっとも重きを占めるのは、50代の皆さんだろう。


 


50代の皆さんが、血わきたち、心の踊るような取組み


をしているなら幸いである。皆がともにあるだろう。


 


50代の皆さんが、ご先祖様に恥じない素晴らしい仕事


をしているなら幸いである。社稷は守られる。


 


50代の皆様へ、心をこめてお伝えしたい。


懸命に、真剣に、心を込めて、仕事をし、遊びましょう。


 


情緒が感動を呼び、世の為になる新製品を作り出し、


新サービスを世の中に問うのだと思います。


 


50代の皆さんが幸せであればこそ、


この社会ぜんたい、国ぜんたい、世の中が幸せになる。


 


だから、胸をはって自らの幸せを追いかけましょう!!


それがいいんです。それでいいんです。


 


そう思います。


 


記:とらのこども


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2013-11-12 07:09 | コラム  

<< 「女心と秋の空」 転載 「棚ぼた式独立の傷うずく韓国」 >>