日本人の日本人らしさ

日本人の日本人らしさ、ということを考えたりする。


 


それは、厳しさと男らしさもあるだろうけど、


心の奥底に優しさがあると思う。


 


我慢して我慢するのだけれど、いざというときには


きっと立ち上がる姿が日本人らしいと思う。


 


そして、そうした価値観というものは、相手を忖度


する、そういう洞察というか、思いやりからなるもの。


 


そういう心をしっかり持ったうえで、


近隣諸国への無法や、恫喝に屈してはならぬと


 


あらためて、心に思う。


 


日本のスタンダードこそ、


21世紀にふさわしいし、人の世にふさわしい。


 


そういう人のいる国は、尊敬されこそすれ、


軽んじられてよいはずがない。


 


卑怯な心、いやしい心、卑屈な心、金かねという


そういう者どもが、日本を貶めるのだろう。


 


わたしは、そういうものにはなりたくない。


ご先祖様に顔向けできないではないか。


 


記:とらのこども


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2013-11-08 06:39 | コラム  

<< 「二足のわらじ」 「人生は変えられる!」 >>