「会社に期待すること、自分に期待すること」

大昔には、土俵に金が埋まっていると同様に、


会社で、仕事、仕事、仕事で、幸せが待っていると思った。


 


50歳を過ぎて、それは幻想だったかなあと思っている。


会社の仕事はもちろん大切だけれども、


 


それは会社のお客様への責任があるから、きちんとする


べきだという責任感でしかなくって、


 


会社に多くを求めてはいけないと、ようやく学んだと思う。


 


毎月のきちんきちんといただけるサラリーを確保するため


応分の仕事をしっかり成し遂げたいと思っている。


 


自分に期待することといえば、


 


老親や、特に妻とともに過ごす老後への備えをしっかりと


計画し、それを実現しなくてはならないと思う。


 


会社に多くを期待しても得られるものはもう決まっている。


だから、いろいろ考えて、少しでも副収入を得たいと思う。


 


せっかくご縁があって連れ添った妻だから、


この狸さんになんとしても「幸せだったわ」と言わせたい。


 


ゆえに、男の正念場は、50代にあると思う。


 


記:とらのこども


 


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2013-10-12 23:13 | 仕事の話し  

<< 御礼 : 25万アクセス!! 「書くことがない。。。」 >>