「書くことがない。。。」

毎日、毎日、同じように起きて、


毎日、毎日、同じように仕事をして、まっすぐ帰宅する。


 


新聞を読み、図書館で借りた本を読み、


家の近くを散策。ときどき、山へ登りに行くのみ。


 


田舎の老親の病気はどうかと気に病み、電話をして、


もう歩けないというので、大阪へ来てはどうかと言う。


 


もう何年、同じ話しをしただろう。


ずっと、どうどうめぐりをしているだけみたいだ。


 


毎日、毎日、同じように生きている。


毎日、毎日、同じことに気をくばり、ひとつひとつのことを


 


大切にしながら、一所懸命に生きている。


それでいいと、自分で自分を納得しているけれども、


 


ううーーん、ブログに書くようなことは無いなあ。


ありがたいような、そうではないような。


 


いやいや、これこそ平穏無事ということか。


 


そう結論をつけて、やっと落ち着いた。


PCを前に、ずずっと、熱いお茶をすすっている。


 


記:とらのこども


 


b0314227_2151155.jpg


 


 


さて、今日も今から金剛山へ登りに行くとします。


老親の病気平癒祈念、子どもの大学合格祈念の登山。


 


と、それは口実。汗かいて登る山は気持ちいいんです。


お父ちゃん、行ってくるで。今日はどうや、元気か!?


[PR]

by toranokodomo | 2013-10-12 07:31 | コラム  

<< 「会社に期待すること、自分に期... まるで、夏の朝のよう。。。 >>