ホントの愛を感じてほしい

本当の愛を感じてほしい。意識して感じてほしい。




そして感謝して、次は意識して実践してほしい。それこそが幸せへの唯一の方法だと思う。




私の大切な友達。キムさんに捧ぐ。

 




誰しも、心の底で愛を求めている。

しかし、愛という言葉で総称される感情には、大きく二種類ある。



例えば、誰かを好きになったときに、胸がときめいて、気持ちが高まる気持ち。

”恋愛の愛”ともいうべき感情だろうと思います。

 


普通(特に女性)は、愛といえば、この感情を想定していると思います。



それから、深く理解され、受け入れられ、気遣ってもらううちに、自然と湧き出てくる

心のやすらぎ。深い結びつきを実感するときに得られる深淵なる感情が、

”慈愛の愛”ともいうべき感情だろうと思います。

大人のいう愛は、この感情を想定していると思います。



前者の愛を経験するのは、そんな難しいことではありません。

特定の相手に魅惑され、ひきつけられる衝動とともに、感情が湧き起こり、燃え上がる。

 




後者の愛は、たやすくは得られることはできないと思います。



恋に落ちるのは簡単。でも問題はそれから先です、

”生活”という現実のなかで生きているから。恋だけで時間は止まってくれはしません。



知り合ったばかりの新鮮なわくわくするフィーリングを持ち続けたいと、

誰しも思うことと思います。でも、そうはいかないのが、現実です。



間違いないことは、どんなカップルでも、心のソコで永遠で色あせない愛を求めている、

これはそのとおりだろうと思います。そんなことないって人は、建前でしょう。



言い換えれば、人間には心を満たしてくれるもの、

心身ともに元気付け、魂を救ってくれるものが、必ず必要なのです。



それこそが、真実の愛の力であると確信します。



真実の愛とは、単なるうきうきした感情ではありません。

 




真実の愛とは、


相手に対する行動や態度、正しい認識などによって、


意識的に創り上げ、


そうした行為を持続させるために、


現実的な努力をおこなうことです。

 




その結果、得られる愛は、人のこころを満たします。

その人を支え、癒す力を持っています。



努力しないのに、愛されない、、、というセリフを言う人はたくさんいます。



愛することが大事というのは、その愛するという努力、作業こそが大事だということ。

愛さないのに、愛されるはずもない。そんな簡単なことが、わからない人が大勢いる。

そのほうが不思議でなりません。



本当の愛の実践のためには、幸せをもたらすと同時に要求があります。

仕事をしないお父さん、食事を作らないお母さん、という意味もありますし、

 


親切な人間になること、現実的になること、

他人の気持ちがわかるようになること、

 


注意深く、思いやりのある、思慮深い人間になること、

直観力に優れ、意思の強い人になること、、、、。

 


これらは全て、たくさん愛するための要求事項に他なりません。

 




大きい、深みのある人間であることを求められているのです。



あなたが何をしようと、どんなことを達成しようと、なにになろうと、

それよりも人間の大きさを決定するのは、

 


あなた自身の愛情のキャパシテイの大きさにほかなりません。

 




わたしたちが一生のあいだに何かをしたり、言ったりすることは、

他の人たちとどれほど愛し合うことができるかということに較べれば、

 


最終的にはそれほど重要ではないことですから。



「好きな人と最高にうまく行く本」より紹介。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/458439122X.html

ダフニー・ローズ・キングマ





  ただし、笑顔も、愛もすり減ってしまうので、

  砥石のような人には、近づかないのが1番。結構おられます。くわばらくわばら。



  TIPAには、愛がいっぱいあります。感じてくださいね。

  僕は、KIMさんの笑顔のそばにいるのが大好きです。

 


  記:とらのこども


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2013-05-26 09:19 | 恋愛、女性  

<< ブログから透けて見えること 「悲しい気持ち」 >>