「大人と子供の間(はざま)に」

まだ子供のこころなのに、


身体が大人になっていく、年齢があります。


 


もう大人になっているようでいて、


まだ子どもの目で、出会う人がいるんです。


 


もし、そういう年齢のときに、


大切に思える異性に出会えたなら素敵です。


 


なんにもなくっていいんです。


でも、ご縁があって、すこしだけ何かがある。


 


私には、そういう女性(ひと)がいます。


とても素敵で、とても大人で、知性的で。。。


 


私が大人になったのは、


きっとその人の影響がたぶんにあるんです。


 


その人はそれを知らないけれど、


 


つらつらと思い起こせば、


きっとそういう、大切な存在の人だったって、


 


ずっとずっと経ってから分かりました。


今もずっとずっと大切な人です。


 


記:とらのこども


 


 


 素敵なおばあさんには、きっと素敵な思い出が。


 そっと心のうちにあるんだろうって思います。


 


 素敵なおじいさんにも、きっと夢と希望に燃える


 伝えたい仕事や、大切な人があるのでしょう。


 


 ともに道ゆく人ではなくとも、


 ともに道ゆく人のように。


 


 永く永く、絶えて物言うことがなくとも、


 それでも、伝わるものがある。


 


 「テルーの唄」で、


 こころをふるわせる二人でいたい。


 


 人はみな、ひとりぼっち。


 人はみな、一生なやむのやから。


 


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2013-04-21 18:10 | コラム  

<< 夢のない今だから、夢が必要なんだ。 転載③ 「北朝鮮問題と●●の裏切り」 >>