頼むから、好きになってくれー!!

というのは、俺のことじゃあないんです。


 


世の中の女性の選別により、男たちが淘汰されていく


現状を憂えていると訴えたいのです。


 


火を噴くドラゴンがいたとしても、剣を握りしめて


山を登るのが男の子です。


 


嵐が吹き荒れるかもしれない大海原に、仲間と船に


乗って出ていくのが男の子です。


 


心には、夢と勇気と冒険を愛するきもちを詰めてる。


酒を飲み、大ぼら話しを高らかにうたうやつ。


 


飲んで、打って、ちびりそうになりながらも鉄火場へ


飛び込み、すってんてんになったとしても、


 


そういう男の子がいいんです。


世界を拓いてきたんです。


 


だからぜひ、そういう男の子を好きになってください。


目をキラキラさせた男の子のこころを愛してください。


 


公務員なんてつまらない、金持ちの息子もおお嫌だ。


何もないところから、奮励努力して雄々しく立つ。


 


それが男だと思います。


 


記:とらのこども


 


b0314227_053963.jpg


 


 


(んん、やっぱ俺のこと。。。?)


[PR]

by toranokodomo | 2013-04-20 20:42 | 恋愛、女性  

<< 転載① 「キウロス危機の黒幕」 「いい女、悪い女」(再掲) >>