「秘すれば花」 「恋愛について(107723)」

「秘すれば花」というけれど、さてさて隠し事はいけないし、

何を隠して色となすべきか、悩むところです。



古臭い言い方で恐縮ですが、



「信条」は、態度や形に現われた人生の指針をいうけれども、

「心情」は、内に秘められていて、態度や形には現われない。



よって、その人がいったいどんな「心情」を抱いているかは、

じっくり語らってみなければ分からない。



いや、



語らうことによっても、その人の心情を引き出せないことの

ほうが多いのかもしれない。



いうなれば、心情とは自分ひとりの胸にしまいこんで墓場へ

もっていくものだ。



つまり、門外不出の「心の財産」である。



そういう財産をどれだけ蓄えてあるか。それが他人の目には

見えない、その人の人生の豊かさというものだろう。



裏返せば、自分の思いを何でも他人に打ち明ければ、自分の

人生が貧しくなってしまう。



そのことをわかっている現代人は、あまり多くないと思う。



(つづく)


Rodrigues toranokodomo


[PR]

by toranokodomo | 2013-03-25 21:52 | 恋愛、女性  

<< お礼:17万アクセス 生きるために >>