不安な気持ち

不安な気持ちは誰のもの。

不安な気持ちはあなたのもの、あなただけのもの。
誰もその気持ちはわからない。

不安な気持ちはどこからくるの?

遠い遠い宇宙から。目の前にいる誰かから。
実は不安な気持ちはどこからも来ない。

自分で作って、自分で囚われているだけだ。

どうして不安になるんだろう。

不安の種が生まれて育って、どうしていいかわからない。
不安、不安、不安ってただただ泣くみたい。


『およそ惨めなものは、将来のことを不安に思って、
 不幸にならない前に不幸になっている心です』 セネカ

 将来の不幸を想像すると、不安な気もちになります
 将来の不幸は、まだ現実の不幸ではありません

 不安は、自分が心の中に創り出した不幸なのかもしれません

 セネカ(ローマの哲学者/紀元前4頃-65)
 「人生の短さについて」「怒りについて」他


 「不安は注意信号」と、
  将来に備えることができればいいのでしょう。

  ただ不安な気もちになるだけで何もできないなら、
  心配してもしかたがないでしょう。

  実際には、将来そうならないかもしれません。
  だとしたら、不安な気もちになった分、丸損です。

  将来を悪く考えたらキリがありません。
  悲観的な想像はいくらでもできます。

  『あすのことを思いわずらうな。
   あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう。
   一日の苦労は、その一日だけで十分である』 聖書
   http://meigen.shiawasehp.net/prov/082.html


  『しんぱいするな なんとかなる』 一休禅師の遺言

  ◇不安な気もちになった時の幸せになる考え方
http://thinking.shiawasehp.net/22sakinokoto.html


  ◇意図的楽観主義のすすめ
http://www.shiawasehp.net/hint/6itotekirakkan.html

  ◇今を大切にする
http://www.din.or.jp/~honda/diary9112.htm


[PR]

by toranokodomo | 2014-07-15 01:47 | 詩歌のようなもの  

<< 日本の岐路 「母親を憎む!!」 >>