生きる杖を求めて。。。

ブログなどをさまよっていると、これは!という

言葉に出会うときがあります。





そういうときは、実は、なにかしら傷ついていて

救いを求めて右往左往しているのかも知れません。





 生きるということは、それだけ暴力(ことばの)

 に傷つけられたりすることなのでしょう。


 言葉により励まされもするし、

 言葉により意気消沈させられもする。


 そして、行きずりのなにげない言葉に、

 自分なりの意味を見い出し、


 それを頼りに困難な人生を歩いてもいけるのです。

 (以上、多川俊映さんのことばより)





気付きは感性です。

そして救いでもあるのでしょう。





記:とらのこども  http://plaza.rakuten.co.jp/toranokodomo/


[PR]

by toranokodomo | 2013-08-28 23:14 | コラム  

<< 恋に恋する、恋ごころ がんばれ、がんばれ♪ >>