転載 「古代出雲の秘密」  その2

 


 


 


スサノオの誕生・八雲の謎



スサノオについてこの本では、侵略者だ!として30ページに渡り説明しています。

渡来人でありオオクニヌシと敵対関係にあったが、記紀の作者が出雲親族と結びつける手段としてスサノオをオオクニヌシの父、又は祖神としたため両者の戦いをヤマタ大蛇退治の形ででしか描けなかった。

というわけでスサノオの説明を省く分けにもいかず、長くなりますが、記載したいと思います。

興味深いところもありますのでご覧ください。



古代出雲帝国に否定的な人でもスサノオノ命の存在は認めざるを得ないでしょう。

それは、「延喜式神明帳」(本には延喜神明式とあるのですが、この事かと?)

また、祗園社(八坂神社)・氷川神社の主祭神がスサノオであり、国内に広がりを見せているからでしょう。

スサノオの誕生を記紀ではこんな感じに書いてあります。

イザナミいる黄泉の国から逃げてきたイザナギは、九州の日向の橋という小さな瀬戸のほとりの阿波岐原で禊ぎ祓いをする。

この時、両眼からアマテラス大神とツクヨミノ命が、鼻からはスサノオノ命が生まれた。

所謂、三貴子の誕生である。

スサノオは「海原を治めよ」と命じられたがこれに従わず、連日のように激しく泣き青山を泣き枯らし河海を泣き乾すというありさまだった。

このため悪神が満ち満ち様々な災いが起こった。イザナギがその理由をただすと「イザナミのいる母の国、根之堅州国へ行きたい」と答えたのでイザナギは大いに怒って、「お前はこの国に住んではならぬ」と云って追い出した。



~(割愛)~



アマテラスのところに行きますが、結果、高天原を追放されます。



「草薙剣とオオクニヌシ」




老人夫婦と娘に会います、

夫婦はオオヤミツミ神の子アシナヅチとテナヅチで娘はクシナダ姫と名乗り「自分達には8人の娘がいたが高志(新潟)のヤマタノ大蛇に毎年一人ずつ食べられ今年は最後の娘の番です」という。

スサノオは身分を明かして娘を所望し、代わりに大蛇を退治しようと申し出た。

夫婦は喜んで同意した。

スサノオは娘を櫛に変えて自分の髪にさし老夫婦に酒を造らせ八つの樽に満たして大蛇を待った。

やがて大蛇がやってきて八つの頭で酒を飲み始めた。

物陰に隠れていたスサノオは剣で大蛇をずたずたに切った。

肥の川はその血で溢れ、真っ赤になって流れた。

尾を切ったときの剣の刃が欠けたので裂いてみると霊剣が出た。そこでスサノオは姉のアマテラスに献上した。

これが草薙の剣で皇位の御璽(みしるし)三種の神器の一つとされ、熱田神宮に祀られています。



八雲立つ




スサノオはクシナダ姫を妻とし出雲の須賀の地へ行き、「わしはここに来て心がすがすがしくなった」と言い宮殿を建てて住んだ。 (まるでオヤジギャグ)

その時、雲が立ち昇ったので、歌を詠んだ。

「八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を」



スサノオとクシナダ姫の間に生まれた子の六世の孫がオオクニヌシノ命であるとする。

(日本書紀では嫡子としている)



さて、この八雲立つ・・・・・どんな意味なのでしょう。

古事記ではこのように書いています。



夜久毛多都 伊豆毛夜幣賀岐 都麻碁幑爾 夜幣賀岐都久留 曽能夜幣賀岐袁



日本書記ではこのようになっています。



夜句茂多菟 伊都毛夜覇餓岐 菟磨語味爾 夜覇餓枳菟倶慮 贈廼夜覇餓岐廻



後生の学者は、この歌を結婚の為に新築する家の新室寿(ことほ)ぎの歌であるとし下記のように解釈した。



【漢文調訳】

八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作るその八重垣を



【現代語訳】

盛んに雲が立つ 出雲の八重垣よ 妻を篭らせに八重垣を作る その八重垣よ



どうでしょうか、記紀に書かれた「夜久毛」や「夜句茂」が何故「八雲」になるのか?

この本の著者は疑問に思います。

確かに素人でも不思議に思います。



また、「日本書記」には「スサノオが須賀の地に立つと『雲が立ちのぼり』オオクニヌシの妻スセリ姫は云々」と記している。

「夜久毛」は八雲なら、その通に何故書かないのか?

また、「都麻」や「菟磨」についても「妻」と表記していない。

また、八つの雲をめでたい雲だとするが、雲が八重にでもなれば、瑞雲どころか凶雲のはずである。

※瑞雲=めでたいしるしの雲



サンカ族のこの歌に関する解釈はまるで違う



三角寛氏は富士山人穴ほか、十八ヶ所で「八雲立つ」の歌に関するサンカの伝承を集めてこう述べている。



サンカは不良分子を「クモ」と呼ぶ。つまり、愚連隊やデモ隊などの暴行者のことを彼らは「ヤグモノガキ」と呼ぶ。

その実、彼らの祖先も、穴居して反逆を繰り返していた。

天津罪、国津罪の代表者である、スサノオノ命一族によって平定されて、帰順した。

そのことを「ヤクモ断ち」といっているのです。

ヤマタ大蛇も群居していた土グモ、クマソもすべて複数の「ヤクモ」である。

このヤクモ征伐を学者たちは、ヤクモ「瑞雲」が立つことにしているが、彼らは云っている。

サンカは、婦女に暴行を加えることを「ツマゴメ」と言う。

また、「女(め)込めた」とか「女込んだ」などともいう。

この「ツマゴメ」も昔から彼らの得意とするとろであった。

それから、「ツレミ」(連身)の掟(やえがき)が出来て一夫多妻を禁じた。

それが、一夫一婦(つれみ)の制度(やえがき)である。



サンカは「八重垣の歌」を次のように解釈している。



ヤクモタチ(ツ)=ヤクモ(暴漢)断つ



イヅモヤヘガキ =平和を芽吹く法律



ツマゴメ(ミ) =婦女手込めに



ヤヘガキツクル =掟を制定し



コ(ソ)のヤヘガキヲ =この掟をこの守る憲法を






これが「一夫一婦」の掟(やえがき)である。

それで出雲族を誇示するサンカは自分達のことを「ヤクモ断滅(たち)」だと自称して誇っている。

彼らの「ヤクモ断ち」を「出雲憲法の喜の歌」としているのだ。





スサ族とスサノオ



スサ族



スサノオの別名を牛頭天皇(インド祇園精舎の守護神<除疫の神>)という。

「牛冠をかぶった貴人」の意味です。

「日本書紀」崇神天皇の条に「任那(みまな)がソナカシチを遣わして朝貢した。

※4~6世紀頃、朝鮮半島南部にあった伽耶諸国の日本での呼称。



 日本書紀では、4世紀後半に大和朝廷の支配下に入り、日本府と言う軍政府を置いたとされる。

 ※朝貢=外国人が来朝して貢物を奉ること。



垂仁天皇の条には「御間城(みまき:垂仁)天皇の世に額に角がある人が船に乗って越国(福井県)

の笥飯:けひ(気比)浦にやってきた。

そこで、この地を角館(つぬが:敦賀)と言う。

その人に何処の国の者か?と尋ねたら、こう答えた。

オオカラ国(任那加羅)の王子で、名をツヌガアラシト、別名をウシキアラシチカンキという。

とある。

ソナカシチは朝鮮語。 ソ=牛 ナカ=出て来る シチは尊称で「牛のように角の出ている貴人」

ツヌガアラシト=角がある人

ウシキアリ=額に角があること

「韓国史」の中で韓国の学者は、弁韓及び辰韓人たちが、かぶった冠の前面に角状のものがついているのを見てこう呼んだ。と述べている。

牛頭=朝鮮の地名で、ソシモリ(江原道春川村の牛頭州)という。

「日本書紀」にもスサノオがソシモリへ行ったことが記され、朝鮮の牛頭山には天主堂があった。

この神を祭神とする京都の八坂神社の社伝には、「斉明天皇の二年(656)新羅の牛頭山における、スサノオノ命の神霊を迎え祀る」と見える。

そして勧請したのは、遣唐使の吉備真備だとも朝鮮人だとも伝えている。

石見で「韓」または、「辛」と名のつく地名のところには、必ずスサノオ神話が伝承されている。

その子、イソタケルを祀る神社にも「韓」の字が冠せられている。

スサノオはアマテラスの弟として権威づけられたため、出雲人の大祖神のようにされてしまったが、出雲国風土記でもスサノオは須佐地方の一首長に過ぎない。

オオクニヌシとも血縁は無い。

「記紀の作者がスサノオに与えた演出はただ一つ! 出雲国造りのオオナムチのしゅうとになることだけであった」



まだ、記事の途中ですが、この記事は「謎の出雲帝国*吉田大洋著」から編集しています。

自分は、この本を読んで出雲神族の富氏との会話の中で、古代出雲の王朝が渡来族(天孫族)に侵略されて行く場面を読み出雲の本来の姿を表現したくて書き始めました。

しかし、長くなっており、詰めて書きたいのですが、詰めるとその理由がわからなくなったり証明が出来なくなったりします。

しかし、長文は本意ではありませんので、できるだけ短くしたいと思います。

ここで、渡来族とか天孫族とか書いていますが、日本人の成り立ちを考えれば、当然渡来人の集まりでもあります。

その流れは、多くありますが、次の機会に書きたいと思います。

また、神社を訪れれば天孫族も出雲もその神話や歴史上の人物が神として祀られています。

私自身は、批判も否定もしません。

古来からある神社・仏閣には、心から手を合わせるつもりです。



こんな私みたいな者が居るから、富氏は口外しなかったのでしょうね。

 




 


 


転載 「古代出雲の秘密」


http://sanpomichi114.web.fc2.com/izumo.html


[PR]

by toranokodomo | 2013-08-11 07:25 | 日本の歴史  

<< 転載 「ロシア政治経済ジャーナ... 「偲び草」 >>