暑中お見舞い申し上げます!

窓開け放ち、扇風機で微かに風送りつつ、

立て簾をかけた、障子のうちの和室にて、
汗をいっぱいかいて、寝ています。

無圧ふとんのもっこりが、寝返り打つ度、
ぐぴゅっぐびゅっと呼吸して、

右に逃げれば、左が涼しくなってくれて、
左に逃げれば、右が涼しくなってくれる。

これでダメなら、次は畳の上だけれども、
さいわい、まだそれは必要なし。

ぐしゅぐちゅっと汗に濡れそぼり、
けだるい身体を、シャワーに預けいれば、

梅雨過ぎて/夏来たらるらし/ぐちゅぐちゅの~
などと、頭くんがかってに考える。

なんにも考えていないはずの朝なのに、
忙しいことでんなと、ちょっと同情する。

ついでに、右手と左手さんも、
勝手にキーボードを叩き、ブログ完成!!


暑中お見舞い申し上げます。

夏、ですねえ!!


記:とらのこども



ps あたまのなかには、キャンディーズの
暑中ぅぅお見舞いっ申し上げぇますう~~と
メロディがぐるぐる回っております。
(年齢がばれますねえ!!)


[PR]

by toranokodomo | 2014-07-26 12:25 | 季節のこと、身近な出来事  

<< この夏、憎いあいつ!! たぶん、そうだと感じること >>