「七夕の願い」

七夕の願いにふさわしいのは、恋の願いだろう。


思い人の幸せを、こころから願いたい。


 


健やかにあって欲しいと願う。


 


それは、妹(いも)への願いだろうと思うけれども


ひとによれば、別の大切なひとかもしれない。


 


それもまた、天のかみさまはお許しになるだろう。


大切な人は、たくさんあるものだから。


 


ちなみに万葉かなでは、恋という文字は、


孤独な悲しみ・孤悲(こい)という字をあてている。


 


七夕の願い。


現代の願い、万葉の思い、人類の歴史。


 


ひとの思いはきっと、ずっとずっと同じ。


 


七夕の願いを天へ届けましょう。


 


記:とらのこども


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2013-07-07 16:57 | コラム  

<< やさしい気持ち 「単身赴任・ラスト1週間」 >>