「精神一統、何事や成らざらん」

中年と老年のはざ間にある年頃ゆえに、


会社の経営層の皆さんの考えることもわかるようになった。


 


会社の中で、バリバリ第一線でやっているみんなのことも


痛いほどわかる。両方わかるゆえに、大切な存在だ。


 


ドラマの「あまちゃん」で主人公がこう言った。


 


「岩手にいるとき岩手の悪口。こんど東京にきたら東京の


悪口。おら、そんなの大嫌いだ!!」


 


こころに突き刺さる、そのセリフ。。


 


経営者の悪口をいっちゃいけないし、最前線のみんなの


苦労を、もっとこうやれよ、などと言ってもいけない。


 


経営者の苦労と苦悩を、下に伝えつつ、


現場の汗と涙の実態も、上にしっかり伝えたいとおもう。


 


みんなの心を包むこむような大きな一体感を醸成したい。


それができると思うし、しなければならないと思う。


 


人はばらばらでは力を発揮し得ないけれども、


人は力をあわせれば、ものすごいことができるんだから。


 


もっともっともっと、世間様のお役にたって、


なくてはならない、そういうわが社でありたい。


 


そして、なくてはならない、そういう私でありたいと願う。


 


精神一統、何事や成らざらんなのである。


そして、今日も夜のはざまに。。。


 


お座敷の声がかかるうちが、花ですもん。


みんな、飲みにいくぞーー!!


 


記:とらのこども


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2013-07-05 00:22 | 仕事の話し  

<< 雨の思い出 「電話とメイルと、君と僕」 >>