お付き合いの味わい(再掲)

ところで、君子の交わりは淡。水の如し。 というのがありますが、

世間一般には、水臭いくらい淡いという誤解がありますな。



ちょいと話しを変えますけど、お茶の飲み方で三煎というのがあるらしい。

第一煎は温度を微妙に調節して甘みを味わい、

第二煎は温度を高めにするのやと思いますが、苦味を味わう。

第三煎では、茶の持つ渋みを味わうように淹れるらしいですね。

渋みいうのは、甘み、苦味、、さらに渋みのなかにこそある甘みを愉しむ。



最近、タンニン(渋み)のなかにカテキン(甘み)が見つかって、茶の湯の

三煎の意義が見直された記事をみたことであります。



話しを元に戻します。



君子の交わりは淡。「淡交」というお付き合いは、上記のお茶の三煎の如く

甘みも、苦味も、渋みもある、人生の労苦、機知、なんともいえない面白さ

そうしたことが解る人物になってこその、お付き合いを指しているいうこと。



その窮みが「水の味わい」ということになるんやそうで、

君子の交わりは淡。水の如し。  このこころは、水臭い付き合いいうのは大間違い。

味わいの窮みとしての、水の味わい。醍醐味のあるお付き合いを指してこそ、

君子の交わりやそうです。



とすれば、「茶飲み友達」というのも、奥深い言葉いうことになりますね。

君子には、なかなかなれしませんけど、苦労はそれなりに積み重ねて齢を重ねていく。

せやから、ええ茶飲み友だちを得られるよう人付き合いせなあきません。



以上、安岡 正篤先生の解説よりご紹介。





  自分を省みて、Aさんは茶飲み友達的人生の師であるし、

  つい先日は、Tさんからソウルメイトと言っていただいて身の引き締まる思い。



  Mさんとも、Sさんとも、もちろんOさんと茶飲み友達になりたいと思います。

  まずは刻苦しつつ、奮励努力の毎日をよく送り。いつかゆっくりお茶を飲みませう。



  人生は深く、楽しく、味わいがある。と思います。

  今のところは、もがいているだけですけど。楽しく、味わいがあるのちゃうかなあ。

  そう思いながらもがいているところが、30代の頃との差でしょうか。 


  記:とらのこども



  注)とらのこどもは40代です。


 


google_ad_section_end(name=s1) entryBottom


[PR]

by toranokodomo | 2014-01-25 10:04 | コラム  

<< だいじょうぶ、だいじょうぶ!! 「夏・髪・横顔」 >>