カゼグスリ (昔話し)

咳き込んでいたら、会社の女の子から風邪薬をもらった。

「PANPYRIN-F」という内服液だった。



「ロドリゲスさん、この薬飲んでみてください。

私が飲んでいる薬なんですけど、よく効きますから。咳、止まると思います、、」



「でも、ちょっときつい薬なんで、気をつけてくださいね。

寝る前とかがいいと思います。お大事になさってください、、、」



もうかれこれ2週間も、風邪をひいて、咳き込んで、苦しい思いをしていたから、

ありがたくもらった。



顔はにっこり笑いながら、風邪薬を持っている手は、

あげよかな、でもどうしようかな、ってすこし揺れているような気がした。



それにしても、もらってすぐ飲んで、

ふらふらと夜の街へ飲みに出かけるとでも思われてるんだろうか。



薬で多少ふらふらしつつ、車の運転をすると思ってるのかなあ。

国際免許もないし、自動車も持ってないのに。



むむ、む、考えすぎ。







別れた後、自宅に帰った。

帰りの地下鉄で、すぐにも飲もうかと思ったが止めて、自宅まで帰る。



部屋の明かりをつけ、薬をダイニングの棚のところにおいた。

しばし考えて、自分の風邪薬を飲んで寝る。



「カゼグスリ」は、お守りにしたのだ。







ときどき、「カゼグスリ」を見る。たまに手に取る。

もらったときのことを思い出す。



禁煙しなきゃな~、、、と思う。

彼女はタバコのこと、何もいわないけど、好きじゃないだろうし。



というわけで、彼女からもらった「カゼグスリ」は、今もダイニングの棚のなか。

まるで写真立てのように、鎮座しているけれども、

ぼく以外の人には、ただの風邪薬にしか見えない。



彼女からもらった風邪薬のことは、とりたてて誰にも言わない。

お守りにしている「カゼグスリ」のことは、彼女にも言わない。



ぼくだけの秘密だ。大人には大人の小さな秘密がたくさんある。



記:とらのこども


[PR]

by toranokodomo | 2013-12-11 17:40 | コラム  

<< 東北を想う xmas寒波を前に。。。 友あり、酒あり、これぞ愉しき >>