「夢を語る人」

夢見る人は、ホントはいっぱいいるものだ。


わたしもそう、あなたもそう、みんなそう。。。ですよね!?


 


でも、その夢を家族や恋人にさえ語らない人が多いのでは


ないでしょうか。なんとなく、そんな気がするんです。


 


本当は行きたい大学があったり、


本当はやりたい仕事があったり、


本当はこうしてああして、、、本当は大好きなあの人。。。


 


みんなじっと我慢している。耐えて、現実の日々を送ってる。


そうして、自分を守り、家族を守っているんだと思います。


 


できもしないことをと、夢を語る人をバカにする風潮を嘆く!


 


私は逆に、夢を語らない人を責めてみたい。


夢を語る人を、あたたかく見守りたい。


 


言挙げ(ことあげ)をするということは、本当は勇気のいること。


 


会社のこんなところがダメ、こうしなきゃダメ!!!


本当はみんな知っている。言わない、ふれない、変わらない。


 


会社のこと、社会のこと、政治のこと、


自分のこと、世界のこと、いろんなことについて、


 


夢を語る人はいいなあ、好きだなあと思います。


心より応援したいと、わたしは思います。


 


記:とらのこども


 


 


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2013-11-25 07:22 | コラム  

<< 「雨、露となり、山々に降りつむ」 「毒のある人」 >>