「やさしいって、どんなこと!?」

やさしさって、どんなことだろう。

中国には、日本語の「やさしい」っていう中国語は無いらしい。



漢字はあるのにねって思う。



やさしいは、優しいと書く。

字義は、他人の憂いを自分のものにする。




このやさしさは、愛の品質(本質)になる。

このやさしさというものの無い愛は、エゴと同義だろうと思う。



愛する人の、苦しみ、幸せを、

自分のものとするのが、「やさしさ」でしょう。



その1番自然な姿が、こどもを思う母親だ。

あれはすごい。ときどきその凄さを見る、聞く、驚く。



その10分の1、100分の1でいいから、

職場で「やさしさ」を発揮したいものと念じて仕事をしています。



ブログでも同じです。

愛のある、やさしい言葉を少しでも伝えたいと思います。



とらのこども







PS 鎌倉時代の禅僧道元は、第三者とか他者という言葉は、自己であると教えた。

   これを「他己」と言う。他己とは、他というおのれ。正しく自分を愛せたら、

   他人と自分の区別を乗り越えられるという。



   なるほど、しかし難しい。。。



   世の中に「愛」という言葉が氾濫するのは、本当の愛がないから。

   愛されない男たち、女たちが増えて、世の中がゆがんできている。



   まとめて愛してやるから、俺んとこ来い!!


  (小さい声で言ってみた。)

 


[PR]

by toranokodomo | 2011-11-08 19:04 | コラム  

<< 女という、性の役割り 誰かに何かを伝えたい >>