「お勉強の順番」

中国の学問の神様で、孔子様がおられます。

いろんなことを教えていただいているわけで、頭が下がります。



そのなかで、

父子の恩愛、夫婦の和順、兄は慈しみ深く、弟は恭しく、

年長者と年少の者の間には順序があり、友には信をもって。。。




という有名な言葉があります。

いわゆる「親に孝、云々」という言葉です。



この言葉の結句に、その後に時間があれば本を読みなさいとある。

孔子は、勉強、勉強、ということは決して言ってないんですね。



近年、子どもの勉強を優先させるあまり、

上記のような人として大事なことを後回しにするご家庭が多いのでは

と思うのです。



勉強には順番がある。



人としての大事なものごとを、しっかりと子どもに伝えて後に、

いわゆる「お勉強」というものをさせたいものです。







さて、お手伝いに関する1970年代のデータがあります。

日米の高校生の家の手伝い時間の統計資料です。(経済企画庁調べ)



結論を先に書くと、何も手伝いをしない高校生は、

アメリカでは、男女共にわずか1%。

日本では、男子47.3%、女子25.9%
という結果でした。



掃除・洗濯・買い物 :アメリカ 男子89%、女子97%

           日本   男子30%、女子69%



弟、妹の世話 : アメリカ 男女とも40%以上

         日本   男子9.5%、女子15%



当時の親御さんは団塊世代、子供たちは、今や三十代です。

今はどうでしょう?こうした傾向はますます強くなってるのでは?



甘やかされているというよりも、親のほうが家の手伝いよりも

勉強してくれたほうがいいという親が多かったのでしょう。



しかし、家事、つまり生活にかかわることを全くしないまま、

社会に出て、いきなり一人暮らしをすると、何もできない。



若いカップルが結婚して、夫が家事や子育てを協力したくても

手伝ったことがないから、どうしていいかわからない。



それが、家庭の大きなトラブルの元になったりもする。



生活とは、バーチャルな世界ではありません。

夏休み、生活のこと、家事のこと、子供に手助けをする喜びを



是非とも、たくさん経験させてあげたいものです。

ご飯がおいしく炊けると、うれしいもんです。



トイレや、風呂場がきれいになればうれしい♪

暑い日の草引きはたいへん。汗は気持ちいい。



それは、男の子であれ、女の子であれ、

同じだと思います!!



記:とらのこども


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2011-10-06 18:55 | コラム  

<< 速報:パナソニック、早期退職 政府って何? 国民って何?? >>