美山のこころとは。

皆さんは、どんな山を美しいとおもうでしょう?

今ごろの山であれば、紅葉の美しい山でしょう。



でも、それは理由があります。



その山が自然豊かで、昆虫や、鳥や動物たちが

生活している美山をみて、きれいだと感じます。



何百年、何千年、何万年かけて、

その能力を磨いてきたから私たちがいるのです。



身体に良いものを食べ、おいしいと感じるのと

同じことです。



単一植物だけの山、例えば全山が桜に覆われた

吉野の山をも美しいと感じるかもしれません。



それは、単層へのワナです。

自然は本来、重層的で、多様な世界なのです。



薬でもそうです。

現代医学は「有効な単一成分の抽出」をします。



この成分が効く、と製薬会社は言いたいのです。

でも、人体の神秘はそれほど単純ではなくって、



たいていの薬は、人体への毒でもあります。



もしや、みかんの黒焼き、いもりの黒焼きこそ

風邪に効くのかもしれません。



雨けぶる山の美しさをみて、連想ゲームでした~。



日本の美しい山々を、守りたいとおもいますね。

でないと、もののけ姫がやってきます!!



記:とらのこども


 


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2011-09-18 22:19 | コラム  

<< 「茶道の凄さ」 『生き物にやさしい『溝切り』と... >>