「学びは、降ってくる」

学ぶと言うが、自働的に学ぶのではない。

学び(気付き)があるのだ。



それは天啓である。導きなのだと思う。



例えば、山からは、山から学ぶものがある。

文字どおり、山ほどある。



その険しさ、その厳しさ、その豊かさは、

直にふれもせで分からない。



ところが、5年・10年 山と関わっても、

天啓が無ければ、学び(気付き)は無い。



ある時、あっと驚くような真理に気付く。

そのときに、すとんと腑に落ちる。



それが「学び」だ。



まさに気付きである。それを知恵という。

知識と知恵とは似ているが別物だろう。



学びは、受ける備えのある人に降ってくる。



記:とらのこども


[PR]

by toranokodomo | 2011-09-10 07:09 | コラム  

<< 古代ダムの秘密??? 「月を愉しむ」 >>