「しあわせの意味」

「しあわせ」は、普通は、「幸せ」と書きます。

でも、「仕合わせ」と書くしあわせもあります。



どうしてなんでしょう。



しあわせの語源を調べてみると、

「しあわせる:為る+合わせる」とありました。



本来は、”巡りあわせ”という意味みたいです。

これは、行為をあらわしています。



時代がさがって、行為としての巡り合わせから、

気持ちのほうに重点がうつって、「幸せ」と書くように、



幸福な気持ちになるという、気持ちの結果を示す言葉に

変って行ったようです。



しあわせとは、


本義として、出会い、ご縁があり、何かをして、

何かをしていただく、そういう具体的行為だったんです。



幸せは、仕合わせです。

しあわせになれるよう、日々、精進ですね。



皆さんに良い出会いがありますようお祈り申し上げます。



記:とらのこども

(BGMは鈴虫の音、バックは夜の蒼。。。)
entryBottom


(しあわせは、ひとり味わう。しみじみと。。)


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2011-09-09 18:53 | コラム  

<< 「月を愉しむ」 「仰げば尊し」 >>