「悪口を言いましょう」

人はどうかすると、身近な人の悪口を言う。

気付いたことを言っているだけで、なぜか悪口に聞こえる。



勤め先の人のこと、商店のこと、

芸能人のこと、ニュースで見たり聞いたりしたこと、



そして、こども、親、そして連れ合いへ。



私は悪いお父さんなので、

妻や子供たちよりも、いっぱい悪口を言う。




「冗談じゃない、あんな馬鹿なことは許せない!!」



「あんなんじゃあ、死んだほうがましだ!!」



「人間じゃあない。鬼だ!!」





政治家のことも、けちょんけちょんにけなす。

うちの父親のことも、母親のことも悪口オンパレードだ。



もちろん、母親と話すときには、

電話でうちのかみさんや子供の出来の悪いことを嘆く!!



ほんとに馬鹿だ、どうしようもない。。。



すると不思議なことに、かみさんは母の味方をし、

うちの母は、家内を褒め称える。



「あんなにできた嫁はいないよ、

 あんたね、大事にしなきゃあバチが当たるよ」と。




かくして今日も、私は悪い男だし、悪い息子で、

悪いお父さんなのだけれども、



結構、わが家が平穏無事に暮らしているのは、

俺のおかげだろうと、内心では、思っているのである。



悪口も言いよう、使いよう。

醜い姿を子供にさらけ出すのがいいのだと思う。



記:とらのこども


 


[PR]

by toranokodomo | 2011-08-31 18:09 | コラム  

<< 「SARSと5万円」 「金をくれ」 >>