目に見えるもの

テレビで見たある番組で、



欧米人は中心にあるものを集中して見る。

アジア人は、周囲のものもよく見ている。とあった。



そもそも、目の作り自体の違う生物もいっぱいあるんだから、

同じ山、同じ森、同じ動物を見ても、違って見える。



私たちは、目に見えるものを

確かなものとして、過信し過ぎてはないだろうか。



目に見えるからある。。。それはそれで一つの真実。

でも、目に見えてないもののほうが、実はたくさんだ。




例えば、湖の畔から湖水を見れば、

見えているのは、水の表面だけなのは、考えれば分かる。



水の中の魚たちも、水草も、ごろごろある岩も、

そもそも水の深ささえも、見えていない。



人の認識もそう。



目の前のことをしっかり見ている人もあれば、

深く洞察して、10年、20年後を見通す人もいる。



見えているもの、見えていないもの。

それを知った上で、見えているものを信じる人は幸せだ。



ロシアのことわざにこうあるそうです。



「昔のことを覚えているものは、片目がつぶれる。

忘れるものは両目とも!」




本来、賢人とは時間をかけて賢き答えを出す人でしょう。



あわてない、あわてない。

ひと休み、ひと休み。いっきゅーさ~ん。



記:とらのこども





  目に見えていないところに真実がある。

  それを知ったときに、心がふるえるのだと思います。
entryBottom


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2011-08-25 18:19 | コラム  

<< 「うちの狸さんの話し」 わたしの好きな歌 >>