「蝉時雨」

6時前、ふと目が覚めて、

外から雨の降る音、そう思ってベランダへ出ると、



蝉時雨だった。

静かに降る朝の雨の音、驟雨の音と間違えた。



新聞とPCを覗いているうちに、7時半になった。

タバコを手にベランダへ出ると、



蝉時雨は、夕立のように賑やかになっていた。

新聞を見ているうちは、気付かなかった。



今日から三連休のわたし。

初日の朝。



空の青も、いつもと同じはずなのに、

うす雲ひとつひとつが、夏らしく、いとおしい。



歳を取り、やがて寒鯉などをじっと見ている。。。

というような短歌があったが、



昔は理解できないなあと思って印象的だったのが、

今は共感できるような気がするのです。



ただただ、いろいろなものをじっと観る。



ただただ、感じるままに感じる。



そんな気のする今朝なのです。

もっとも、すべては気のせいかもしれません。



記:とらのこども

 


[PR]

by toranokodomo | 2011-07-30 07:46 | コラム  

<< やまと言葉のこころ 幸せはどこにある?? >>