日本神話 その6 スサノオ

スサノオの不思議な占い   「スサノオの狼藉と罪」  



高天原にはアマテラスを中心にたくさんの神々が住んでいた。





ある日そこに海を治めるはずのスサノオがやってくる。アマテラスは、


「弟スサノオは、自分の国を奪いにくるに違いない」と思い、戦う姿に


なってスサノオを迎えた。





そして「どうして高天原に来たのか」と尋ねると、


スサノオは「私によこしまな心はない。





母の国に行きたいと父にいったら、この国を出て行けというので、


姉に報告に来ただけだ」と答えた。





偽りがないことを証明するために、スサノオは「誓約をして子を産み


ましょう」と提案する。





二人で天安河(あめのやすかわ)を挟んで誓約をすることになった。


まずアマテラスが三人の女神を生む。





(タギリビメ、イチキシマヒメ、タギツヒメ)である。





スサノオは五人の男の神が誕生した。


(アメノオシホミミ、アメノホヒ、アマツヒコネ、イクツヒコネ、クマノクスヒ)


である。





スサノオは「私の心が正しいから、私の勝ちだ」


そういって今度は高天原で乱暴を始めた。





誓約(うけい)とは物事の吉凶や真偽を知るために行われる、一種の


占いである。





この誓約でよって生まれた三人の女神は宗像(むなかた)三女神と


呼ばれる。宗像三女神を祀る福岡県の宗像大社は、沖津宮にタギリ


ヒメを、中津宮にイチキシシマヒメを、辺津宮にタギツヒメを祀っているが、





なかでも沖津宮のある沖ノ島の祭祀遺跡は「海の正倉院」と呼ばれ


るほど豪華な出土品が見つかっている。また広島県の厳島神社も


イチキシマヒメを主祭神として宗像三女神を祀っている。





同じく誓約で誕生した男神の方は、アマテラスの子とされた。





そのうちアメノオシホミミは後に、地上に下るホノニニギの父になる神で


あるから、アマテラスは男女の交わりを持たずに、子を持ち、天皇家の


祖先神になったということになる。


 


 


[PR]

by toranokodomo | 2011-07-16 19:38 | 日本の歴史  

<< 日本神話 その7 罪の原型 日本神話 その5 アマテラスの誕生 >>